施工事例集

涼温換気SA-SHEの家|全物件

内装と収納にこだわった住み心地の『いい家』稲敷市

茨城県 稲敷市 K様邸 No.179

建築中レポート

1.2012年10月04日
お申込み、ありがとうございます
お申込み、ありがとうございます

本日、K様からお申込みを頂きました。
現場は、茨城県稲敷市になります。
工事は、11月着工予定です。
なんと稲敷市初の『SA-SHEの家』になります。
これからK様の『いい家』造りのスタートです。
本日は、お申込みありがとうございました。

2.2012年10月10日
地盤調査開始です!
地盤調査開始です!

弊社では表面波探査法での調査をします。
特徴は建物の予定位置の4隅および真ん中に測点を設け調査します。
全面的な地盤状況を判断し、また、地盤内部の地層傾斜などを予測。このことで、より安全で安価な基礎設計につながっていきます。

3.2012年10月10日
地盤調査作業状況
地盤調査作業状況

表面波探査法の調査は、地震波を、人工的に起して一定間隔の波の伝達速度を測定して地盤強さ測定する方法です。
真ん中の測点は、震源からの距離間隔を3点測定します。計5ヶ所の調査と言っても、測点個所は7ヶ所。
約3時間の作業となります。

4.2012年10月25日
敷地内電柱移設打合せ
敷地内電柱移設打合せ

敷地上空を横切る電線!建築建物の高さギリギリですので、敷地内にある電柱を移動する打合せを行いました。
新しく電柱を立てる用地交渉は、東京電力さんが行いますが、約3ヶ月くらいかかるかな?

5.2012年11月12日
地鎮祭の日程が決まりました。
地鎮祭の日程が決まりました。

11月18日は、地祭りを行います。建物の位置や地盤の高さを打合せさせていただきます。

宜しくお願いいたします。

6.2012年11月18日
地鎮祭
地鎮祭

本日の地鎮祭を執り行うのは、鹿島神社宮司の木村神主さんです。
祭壇を設け、祝詞を・・・雨降り、風吹くとも、揺るぎ傾くことなく・・・
つづいては、四方祓いの儀をおこないます。

7.2012年11月18日
鍬入れの儀
鍬入れの儀

建て主様による鍬入れの儀を行い、工事が着工の運びになりました。
上質な住み心地を体感できる「涼温換気SA-SHEの家」工事の始まりです。

8.2012年11月18日
玉串奉奠の儀
玉串奉奠の儀

つづいては、神主さんから玉串を頂き、祭壇に奉納します。
二礼二拍手一礼の作法で・・・工事の安全をお願いします。

9.2012年11月18日
地鎮祭記念撮影
地鎮祭記念撮影

地鎮祭を執り行って頂いた木村神主様と一緒に記念撮影です。
    おめでとうございます。
内装と収納にこだわった住み心地の『いい家』づくりスタートです!

10.2012年12月17日
基礎工事着工
基礎工事着工

本日は、基礎着工です。重機を搬入して、基礎地業工事の土スキ取りをおこないます。
基礎工事は栗山さんが担当します。来月の上棟を目標に、しっかりとした工事をおねがいします。

11.2012年12月17日
土鋤取り作業
土鋤取り作業

地業作業で土のすきとりを行いました。外周部は冬期の凍結深度より深くするため一段低くなります。地盤の凍結で基礎が持ち上がらない様にするためです。

12.2012年12月18日
床付け転圧作業
床付け転圧作業

土鋤取り後は、地盤調査結果に基づき、ランマーで床付け転圧作業を行いました。地盤強度が改良されて、基礎支持強度を向上させるためです。

13.2012年12月18日
砕石敷き込み作業
砕石敷き込み作業

敷地全体を掘り下げて一面に砕石を敷き詰めます。さらに強固な下地にするためと、鉄筋コンクリートの基礎床部に造るためです。

14.2012年12月18日
砕石地業状況
砕石地業状況

基礎外周部分を掘り下げて、砕石を厚さ10センチ敷き込みます。基礎を支える強固な下地にするためです。

15.2012年12月20日
砕石地業完了
砕石地業完了

砕石の敷き込み及び転圧作業が完了しました。しっかり転圧された地業は、とてもきれいです。基礎工事は、天候に左右されますので、毎日天気と相談ですが、ここまで進めば予定どおりに年内は、鉄筋組むが終わりそうです!

16.2012年12月20日
遣り方作業
遣り方作業

杭材と貫材を使用して、遣り方作業です。この作業で、基礎の位置や高さなどが正確になります。

17.2012年12月20日
遣り方墨出し作業状況
遣り方墨出し作業状況

水平に取り付けられた貫板に墨だしを行いました。これで基礎の位置や高さが明確になります!
これを基に、基礎工事が進んでいきます。基礎完成まで、栗山さん宜しくお願いします。

18.2012年12月20日
敷地内電柱移設工事
敷地内電柱移設工事

新しく電柱を立てる用地交渉が終わりましたので、東京電力さんが電線の移設作業です。建築建物の上空を横切る電線は、移動完了です。

19.2012年12月20日
防湿シート施工
防湿シート施工

防湿シートの重ね幅や破れなどを、確認してから捨てコンクリートを打設します。防湿シートを敷き込む理由はその名の通り、床下防湿が目的です。床下の防湿は厚み6cm以上のコンクリートか、厚み0.1mm以上の防湿シートを・・・  ベタ基礎の場合は、防湿シートが必要ないのですが、土中の湿気を完全に遮断する意味でスラブコンクリートがあっても防湿シートを敷き込むのです。

20.2012年12月20日
捨てコンクリート打設
捨てコンクリート打設

捨てコンクリートの打設です。外周部は型枠を取り付けて、寸法やコンクリートの厚さをしっかりと確保させます。

21.2012年12月20日
捨てコンクリート打設状況
捨てコンクリート打設状況

基礎の水平確認をしながら、コンクリートを打ち込みます。

22.2012年12月20日
コンクリート金ゴテ抑え作業
コンクリート金ゴテ抑え作業

コンクリートの打ち込みが終わった所から、金ゴテ抑え作業を行います。生コンの膨張を抑える土間金ゴテ抑えは、ひび割れや凍結を防止することができ、仕上がりがとてもきれいになります。冬期の作業では、特に重要ですね!

23.2012年12月22日
本日は、雨です。
本日は、雨です。

型枠支持金具取付位置の墨出しを昨日行いました。明日から型枠支持金具取付を行い、基礎鉄筋工事を始めます。

24.2012年12月24日
鉄筋工事
鉄筋工事

ベース、立ち上がり1回打ちの型枠支持金物を固定、ベースおよび外周部の鉄筋組立作業です。

これが「ESB工法」です。

25.2012年12月24日
一体打ち金物取り付け状況
一体打ち金物取り付け状況

コンクリート1体打ち用の型枠支持金物取り付け状況です。内部は浮枠となるので、支持金物でしっかり型枠を受けます。

26.2012年12月26日
鉄筋組み立て作業
鉄筋組み立て作業

鉄筋と鉄筋は結束線にて、千鳥に結束します。栗山さんが、慣れた手つきで、手際よくこなす様子には、さすが関心させられますね!

27.2012年12月26日
鉄筋工事状況
鉄筋工事状況

「ESB工法」での鉄筋工事です。外周部の鉄筋組立作業と一体打ち金具の取付状況!
内部立ち上がり部分の鉄筋組み作業を始めました。

28.2012年12月27日
本日は、晴天なり!
本日は、晴天なり!

外周の型枠を組み、型枠の内側には断熱材ミラポリカフォームを取り付けていきます。

29.2012年12月27日
社内配筋状況確認
社内配筋状況確認

JIOの基礎配筋検査前に、鉄筋のかぶり厚さ、定着長さ、配筋間隔を確認しました。

30.2012年12月27日
配筋間隔状況確認
配筋間隔状況確認

ベース鉄筋及び玄関土間部分の立ち上がり鉄筋工事が完了です。それにしても、かなりの鉄筋量ですね!
基礎の耐震強度を構造計算すると、鉄筋量は多くなります。

31.2012年12月27日
玄関ポーチ土間配筋状況確認
玄関ポーチ土間配筋状況確認

玄関外廻りの土間枠組立を行い、独立基礎もESB工法専用金物で、型枠を浮かせて1回でコンクリートを打設します。
一体型だからコールドジョイントがなく、とても強固な安心の基礎ができます。

32.2012年12月28日
JIO基礎配筋検査
JIO基礎配筋検査

JIOの検査官が基礎配筋図面を確認しながら、かなり複雑に組まれた鉄筋を目視検査、鉄筋の組み方にすごく感心していました。鉄筋の太さは最大で13ミリ、配筋間隔もかなり狭いのにかぶり寸法や鉄筋寸法、数量など基礎配筋図どおりに良く出来ていますと、お誉めの言葉を頂きました。

33.2012年12月28日
基礎配筋間隔検査
基礎配筋間隔検査

鉄筋の太さ、配筋間隔、鉄筋のかぶり寸法、定着寸法など基礎伏図どおり出来ているかのチェックが終わりました。
検査の結果、合格を頂きました。

34.2012年12月28日
給排水先行配管工事
給排水先行配管工事

コンクリート打設工事前に、排水配管を先行工事にて作業をおこないます。給水管は、基礎貫通スリーブを施工します。
影山設備さん、宜しくお願いしますね!

35.2012年12月28日
接続金物取り付け墨出し
接続金物取り付け墨出し

基礎と土台を接続するアンカーボルトや基礎と柱を接続するホールダウンアンカーの取付位置を基礎図面どおりに行います。

36.2013年01月06日
玄関独立基礎型枠組み
玄関独立基礎型枠組み

玄関外廻りの土間枠組立を行い、独立基礎もESB工法専用金物で、型枠を浮かせて1回でコンクリートを打設します。
一体型だからコールドジョイントがなく、とても強固な安心の基礎ができます。

37.2013年01月06日
一体打ち用型枠受け金物取付
一体打ち用型枠受け金物取付

外枠組みおよび内側型枠受け金物固定などの鉄筋組み立てが完了しました。あとは基礎と土台や柱を接続させる金物の取り付けや内部の型枠組立です。

38.2013年01月08日
内部型枠組み
内部型枠組み

内部の型枠組立が、すべて完了!
あとは天候と相談しながら、ベースコンクリートと立ち上がりコンクリートを一回打ちします。

39.2013年01月08日
内部独立基礎型枠
内部独立基礎型枠

内部の立ち上がり独立基礎をポストと呼びます。鉄筋は四角に組みますが、出来上がりの基礎は円柱状になります。

40.2013年01月08日
基礎仕上り高さ墨出し作業
基礎仕上り高さ墨出し作業

コンクリート打設準備!
基礎仕上り高さの墨出しを行い、アンカーボルトなど接続金物ネジ部分はテープ養生を行います。

41.2013年01月10日
基礎一体打ち作業開始
基礎一体打ち作業開始

ポンプ車にて、型枠の中にコンクリート打設です。
ESB工法はベースと立ち上がりを一体打ちしますので、栗山さんや応援の職人さん大勢で作業を進めます。

42.2013年01月10日
基礎仕上り高さ調整ビス埋め込み
基礎仕上り高さ調整ビス埋め込み

水の引き具合を確認しながら、金ごて押えをしたところに・・・ 出ました!!
必殺仕事人? 天端水平レベル調整ビスを埋め込みました。 これがとても重要な働きをするんです。基礎の水平精度が向上します。

43.2013年01月10日
天端調整ビス設置作業状況
天端調整ビス設置作業状況

水平レーザーレベルで高さを確認しながら、打設天端の押え作業です。水の引き具合を確認しながら、天端調整ビスを埋め込みます。

44.2013年01月10日
ミキサー車入れ替え
ミキサー車入れ替え

生コンはミキサー車からポンプ車(圧送車)へ送られ圧送ホースで打ち込みます。
本日は、6台のミキサー車を予定しています。

45.2013年01月10日
外周部立ち上がりコンクリート打設
外周部立ち上がりコンクリート打設

本日使用しているレディーミクストコンクリートは呼び強度27N/m³です。通常は21Nですが冬期の生コンは、凍結防止のために温度補正で生コンの配合変更が10月1日からプラス3N、11月11日からは、プラス6Nされています。(温度補正値や期間は地域により異なります)

46.2013年01月10日
内部独立基礎立ち上がり打設作業
内部独立基礎立ち上がり打設作業

内部ポスト基礎の立上りコンクリート打ち込みが始まりました。生コンは圧送ホースで打ち込みますので、バイブレーターをかけてコンクリートの気泡を取り除き、コンクリートを隅々まで行きわたらせます。コンクリート強度が確保され、きれいな基礎を造るためです。

47.2013年01月10日
玄関内部立ち上がり打設状況
玄関内部立ち上がり打設状況

生コン(レディーミクストコンクリート)打設工事での玄関内部立ち上がり打ち込みになりました。生コンはミキサー車からポンプ車(圧送車)へ送られ圧送ホースで打ち込みます。

48.2013年01月10日
基礎内部土間打設状況
基礎内部土間打設状況

生コン(レディーミクストコンクリート)打設工事でのベースコンクリートの打ち込みになりました。もう少しで、すべての生コン打設が完了です。

49.2013年01月10日
土間コンクリート抑え作業
土間コンクリート抑え作業

ベースコンクリートの打ち込みが終わったところから、最初のコンクリート押え作業をしていきます。この後は水の引き具合を確認しながら、生コンの膨張を抑える土間金ごて押えをします。
ひび割れを防止することができ、仕上がりがとてもきれいになります。

50.2013年01月10日
基礎一体打ち作業完了
基礎一体打ち作業完了

コンクリート打設後は型枠の歪みや通りの確認作業。ESB工法での、基礎一体打ち工事を予定どおり完了!
数日間は、このままで型枠養生され、コンクリートの強度を向上させます。一体打ちの「ESB工法」は、耐震性が向上、防蟻防湿対策に最適です。
「丈夫な基礎が間もなく完成です!」

51.2013年01月16日
基礎外断熱状況
基礎外断熱状況

基礎も外断熱にすることでコンクリートの劣化を防ぎ耐久性を向上させ、床下環境の改善に役立つのです。

52.2013年01月16日
型枠取り外し後状況
型枠取り外し後状況

コンクリートの型枠養生が完了しましたので、型枠の取り外しを行いました。基礎の外側には断熱材JSPが開発したミラポリカフォーム。それは防蟻剤を一切使用していないノンケミカル製品であり、断熱材そのものがシロアリの侵入を防ぐという優れもの!!
基礎外断熱工法の一体打ちが完了しました。

53.2013年01月18日
外部給排水工事
外部給排水工事

排水管は勾配計で排水勾配を確認しながら作業を行います。

54.2013年01月18日
電線防護管取付
電線防護管取付

建て方時のレッカー作業や外部足場作業時の安全対策を行いました。

55.2013年01月18日
雨水排水枡設置
雨水排水枡設置

雨水排水枡を取り付けて、先行配管工事完了!!
しかも、今回は基礎の中に雨水がたまらないように、ちょっとある工夫をさせて頂きました。
屋根や壁の雨じまいができて、基礎内部に雨水が入らなくなるまでですが・・・

56.2013年01月19日
MP工法
MP工法

基礎外断熱のシロアリ対策を行います。断熱材のつなぎ目は侵入経路になりますので、特殊な樹脂を注入して(MP工法施工士の技術が必要)対策をします。

57.2013年01月21日
玄関土間コンクリート工事
玄関土間コンクリート工事

コンクリート打設工事完了後はシート養生です。凍結および降雨対策をしっかり行いました。
安心ですね!

58.2013年01月23日
敷地シート養生
敷地シート養生

土台敷き作業前に、建物の外廻りはシート養生を行います。
建物内へ土の運び込みを防止します。

59.2013年01月23日
土台敷き作業
土台敷き作業

土台は、工場で加工されて現場に納品されます。どこにのせる土台かな?
図面を確認しながら、すべて配ります。

60.2013年01月25日
先行足場工事
先行足場工事

構造材の搬入および先行外部足場を組みまして、建て方の準備完了です。

61.2013年01月26日
作業開始前朝礼
作業開始前朝礼

おはようございます!
作業をする職人の皆さんと手順、方法および危険防止の安全確認してから・・・
まずは、1階部分の建て方作業です。
よろしくおねがいします。

62.2013年01月26日
1階部分の建て方
1階部分の建て方

最高の天気に恵まれ、本日は建て方・上棟!
しっかりした構造躯体が組みあがっていきます。

63.2013年01月26日
2階床組み作業
2階床組み作業

2階床組みは、構造の桁でしっかり組まれています。この上に、床合板を取付ることで、水平方向の剛性が高まり、耐震性が向上します。

64.2013年01月26日
小屋裏床組み作業
小屋裏床組み作業

2階の建て方が完了しました。
あとは、小屋組みを行い棟木を上げれば、建て方作業完了です。

65.2013年01月26日
小屋組み作業
小屋組み作業

小屋組みがしっかり組まれ、建て方作業が間もなく完了です。

この後は、棟木に幣束を取り付けます。

66.2013年01月26日
建て方作業終了後は、幣束の受け渡し
建て方作業終了後は、幣束の受け渡し

K様から高橋大工さんへ幣束(へいそく)を手渡しました。
幣束の意味は神に供えるささげものの意味があり、上棟時に一番高いところに飾られます。
棟梁よろしくお願いします。

67.2013年01月26日
幣束取り付け
幣束取り付け

上棟日和の天気に恵まれ、無事に棟上げを迎えました。
建築の上棟に際しては、一番高い所、棟木に安全と繁栄を祈る幣束を取り付けます。

68.2013年01月26日
四方固めの儀
四方固めの儀

建物の四隅をお米、お塩、お酒でお清めをします。
施主様のK様と棟梁の高橋大工さん、頭の栗山基礎さんが一緒に建物の四隅を廻ります。

K様家の繁栄と工事が安全に進みますように・・・

69.2013年01月26日
上棟おめでとうございます。
上棟おめでとうございます。

お施主様を囲んでの撮影です。

上棟おめでとうございます。

建て方の頭、栗山さん、棟梁の高橋大工さん、職人の方々のおかげで事故もなく安全に建て方を完了することが出来ました。本当にありがとうございました。

70.2013年01月28日
屋根1層目完了!
屋根1層目完了!

屋根垂木を取り付けて、一層目の野地板貼りが昨日終了。
明け方の雪で屋根は、真っ白です。
1層目の屋根が出来れば、雨や雪が降っても安心ですね!

71.2013年01月28日
ミラフォーム断熱材搬入
ミラフォーム断熱材搬入

壁の断熱材は、厚さ50ミリのJSPミラフォームM2RS断熱材はA種押出法ポリスチレンフォーム保温板3種bです。断熱材は実付きで、重なり部にはエプトシーラーテープ付きなので気密防水性が良いです。屋根には、厚さ40ミリと30ミリの断熱材を2重外張断熱します。

72.2013年01月28日
窓台、間柱取り付け作業
窓台、間柱取り付け作業

屋根1層目の下地が完了しましたので、間柱取り付け作業をおこなっています。
これからは、筋違いや窓台などTIP構法の事前作業が続きます。

73.2013年01月29日
接合金物取り付け状況
接合金物取り付け状況

安心で丈夫な住まいとは、耐震性、耐久性を高める接合金物がしっかり施工されているか?
柱と基礎を直接接合する、ホールダウン金物は土台と柱の引き抜き防止を高めます。

74.2013年01月29日
ガセットプレート取り付け始まる!
ガセットプレート取り付け始まる!

TIP構法設計施工マニュアルに基づき作成された、TIP軸組図を確認しながら、ガセットプレートを取付位置に・・・

75.2013年01月31日
1層目屋根状況
1層目屋根状況

屋根は、ルーフィング貼りまで完了していますので、雨や雪が降っても安心ですね!

76.2013年01月31日
断熱材保管状況
断熱材保管状況

断熱材は、紫外線対策が必要だ!!
直射日光に長期間さらすと徐々に表面から変色劣化し、接着不良、厚さの減少などの原因となりますので、保管や施工後は注意が必要です。

施工後の速やかな仕上げが必要とされますが、表面の変色がなければ大丈夫ですので、ご安心ください。

77.2013年01月31日
TIP施工状況
TIP施工状況

「SA−SHEの家」新換気の家は、換気装置が付いているだけでなく、結露の発性をいかに抑えるのかを考えられた建物です。
緑色に見えるのが柱と桁や筋違い端部の接合箇所に用いるTIPの鉄板補強ガセットプレートです。そして建物全体を下地材の斜め張りで覆われます。

この下地材の施工で、構造躯体内の床下や小屋裏の空気環境を良くします。

78.2013年02月04日
いよいよ今週末はTIPのライトアップです。
いよいよ今週末はTIPのライトアップです。

緑色のガセットプレートと斜め張りラス板が完了したタイミングが・・・とても良い感じ!

79.2013年02月09日
TIPライトアップ準備
TIPライトアップ準備

足場のネットをたたみ込み、投光器をセット!
日が暮れるまでに、準備が終われば良かったが・・・
時間がかかり、あたりは真っ暗だぞ!

お待たせして、申し訳ありませんでした。

80.2013年02月09日
室内照明だけのライトアップ!
室内照明だけのライトアップ!

隙間からこぼれる灯りはとてもやわらかく、そしてあたたかく感じられるTIPライトアップ・・・
とても印象的でした。
完成してからでは、見えなくなるTIP構法の家造りは耐震力アップ、「きれいな空気」をつくる大切なポイント。
すべては、安心と安全そして健康のために!

81.2013年02月09日
ライトアップ!!
ライトアップ!!

TIPのライトアップの輝きは美しく、記憶にずっと残る。
素敵なイベントですね!

寒空の中、大変おつかれ様でした。

K様、高橋棟梁、ご参加頂きましてありがとうございました。

82.2013年02月15日
玄関ターミメッシュ工事
玄関ターミメッシュ工事

シロアリの被害対策に、化学薬剤を使用すると防蟻薬剤による健康障害が発生します。有害な薬剤は微量であっても身体に蓄積されることで発病することがあります。

ノンケミカルメッシュ防蟻のターミメッシュ施工は化学薬剤を使わない健康に安心のシロアリ被害対策です。

83.2013年02月15日
配管ターミメッシュ工事
配管ターミメッシュ工事

シロアリの侵入を防ぐターミメッシュ施工は、専用の指定部材を使用して、研修を受けた認定施工士が施工させていただきます。

高品質で信頼できるシロアリ対策は建物の資産価値を高め、長期間持続できます。

84.2013年02月15日
屋根断熱工事
屋根断熱工事

厚さ40ミリの断熱材を施工!
縦、横方向のつなぎ目には、気密テープ(エプトシーラー)を貼り、気密、断熱を完全に確保します。

この後は、屋根通気垂木を取付てから、厚さ30ミリの断熱材を施工します。屋根は2重外張り断熱施工で厚さ70ミリを確保させます。

「断熱は外! 健康は内!」でしょうか?

85.2013年02月15日
壁断熱工事
壁断熱工事

壁断熱材、JSPミラフォームM2RSの工事がほぼ完了しました。
厚さ50ミリの実付、A種押出法ポリスチレンフォーム保温板3種bの製品で、とても性能がよい断熱材ですが、肝心なことは施工品質が良いか?

とにかく隙間をなくすことです!!

高橋棟梁は、とても良い仕事をしていますので、ご安心ください。

86.2013年02月19日
バルコニー廻りの断熱工事
バルコニー廻りの断熱工事

バルコニー床断熱は水勾配が付けられ施工されています。外部通気層は外気の通り道なので、結露の心配もあります。
結露水の排水も、しっかり計画されていますので安心です。
今は、作業中なので合板で床養生しています。

87.2013年02月19日
樹脂サッシ取り付け
樹脂サッシ取り付け

外装建具は、外観3色、内観4色の自由な組み合わせから、外観色ブラウン、内観色ホワイトのカラー組み合わせの樹脂サッシを取付ました。
玄関ドアは、これから取り付けます。

88.2013年02月25日
YKKAP樹脂サッシは!
YKKAP樹脂サッシは!

樹脂の熱の伝わりは、アルミの約1,000分の1。
室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。
YKKapのAPW330は「省エネ建材等級」において最高等級★★★★の樹脂サッシです。
しかも、Low-E複層ガラスだから、熱の出入りを軽減します。
2枚のガラスの空気層とガラス内側の金属コーティングにより熱の伝わりが軽減。
単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮します。夏場の冷房効果、冬場の暖房効果を高めるから、室内外の温度差で生じる結露を大幅に軽減します。

89.2013年02月25日
外壁気密防水処理
外壁気密防水処理

エプトシーラーテープで、断熱材のつなぎ目部分を気密防水処理を行います。

建物の隙間をなくすことが構造体の劣化を抑え、健康に住まう条件です!!

90.2013年02月25日
床下補強断熱工事
床下補強断熱工事

温熱環境の向上を図るために、基礎外周部の床下は断熱補強で厚さ50ミリのミラフォームMKSを施工しました。
ミラフォームMKSはJSPが開発した、ポリスチレンフォーム保温板3種bでノンフロン品、F☆☆☆☆です。

91.2013年02月28日
屋根通気胴縁取り付け
屋根通気胴縁取り付け

屋根断熱材の上に通気胴縁を取り付けて、厚さ30ミリの屋根断熱を施工します。
その後、2層目野地板を施工します。屋根通気層が確保され、棟換気から排気されますので、外気温が室内側に与える温熱は通気層だけでもかなり軽減されます。

92.2013年02月28日
床根太補強工事
床根太補強工事

根太作業を始めました。この部屋は、ピアノを置くので根太材を多く入れます。
根太材の施工は、つなぎ目を交互に施工して、大引きにかかる過重を分散!!
同じ材質でも施工の方法しだいで、大きく変化します。
高橋さん、宜しくお願いします。

93.2013年02月28日
ベランダ防水下地
ベランダ防水下地

防水床下地の状況です。ベランダは水勾配を設け雨水がしっかり排水できるように床根太を組み、木下地を造ります。
この後は、FRP防水工事です。

94.2013年03月07日
涼温換気部材搬入
涼温換気部材搬入

ダクト部材が部屋いっぱいに山積みです。

95.2013年03月07日
システムバス現場確認!
システムバス現場確認!

システムバスの仕様決定どおり、現場打合せを行いました。床支持位置、窓開口位置、配管位置など現場確認!

96.2013年03月07日
FRP防水工事
FRP防水工事

ベランダFRP防水工事が完了!

97.2013年03月08日
2層目の屋根断熱施工
2層目の屋根断熱施工

屋根断熱材の上に通気胴縁を取り付けて2層目の屋根断熱および野地板を施工します。
屋根通気層が確保され、棟換気から排気されますので、外気温が室内側に与える温熱は通気層だけでもかなり軽減されます。

98.2013年03月08日
屋内配線工事
屋内配線工事

換気ダクト配管前に、電気の配線工事を行います。電気配線図を確認しながら、作業を進めます。
大沼さん、宜しくお願いします。

99.2013年03月08日
2層目ルーフィング施工
2層目ルーフィング施工

2層目のルーフィングを施工しました。下葺き材も雨水の侵入を防止する重要な屋根材の一部です。

100.2013年03月11日
屋内配管工事
屋内配管工事

屋内の給水管は青色、給湯管は赤色、そして排水管はグレー色で色分けされています。しかも2階からの排水管は遮音性がある「音ナイン」という商品を使用して、排水時の音を軽減させます。

101.2013年03月11日
屋内電気配線工事
屋内電気配線工事

1階の分電盤への配線状況です。
各部屋の配線や用途に合わせた電源などが、ひとつに集まる場所です。

102.2013年03月11日
換気ダクト工事
換気ダクト工事

ダクト工事は、「新換気の家」づくりの最も重要な工事です。換気ダクトの曲りをいかにスムーズに行うか?
ダクティングが問われる作業です。しかも涼温換気システムとなると、ダクト内の風量が高まるので、よりスムーズにダクト配管をおこなう必要性があります。

103.2013年03月11日
外部通気層状況
外部通気層状況

外張り断熱材と外壁サイディング材の間には、外部通気層が確保されますので、外気温が室内側に与える温熱は通気層だけでもかなり軽減されます。

104.2013年03月11日
外装下地工事
外装下地工事

屋根下地および壁断熱工事が完了しましたので、屋内への雨水吹き込みはありません。
広小舞などの塗装工事が今週に、屋根瓦工事を来週から始める予定です。

105.2013年03月15日
防水防風の透湿シート施工
防水防風の透湿シート施工

外部の壁通気胴縁を取り付けました。ベランダ壁まわりは防水防風の透湿シートを施工。

106.2013年03月15日
すべての屋根下地完了!
すべての屋根下地完了!

玄関の瓦屋根下地も完了!

でも、瓦工事は外部の塗装工事が終わるまで、もう少し待って下さいね!

107.2013年03月15日
銀色のダクトが2本?
銀色のダクトが2本?

キッチンに銀色のダクトを2本施工させていただきました。
レンジフード同時給排気用ダクト配管です。
新換気の家では、気密性が高いので給気を設けないと、効率良く排気ができません。
同時給排気式のレンジフードを取り付けさせて頂きます。

108.2013年03月15日
 涼温換気用センターシャフトの建て込み作業
涼温換気用センターシャフトの建て込み作業

新換気の家は、センターシャフトで新鮮な空気を室内に給気します。シャフトにはメンテナンスし易いように掃除口があります。涼温換気用は、シャフトを保温するために、断熱処理してあります。

109.2013年03月15日
 涼温換気用センターシャフトの2階部分建て込み作業
涼温換気用センターシャフトの2階部分建て込み作業

センターシャフトには、各階にメンテナンスし易いように掃除口があります。
点検、清掃を考えて方向を決めます。

110.2013年03月15日
センターシャフト上部ダクト接続方向
センターシャフト上部ダクト接続方向

換気本体から、なるべく短かい距離とスムーズなダクト曲りでいかにセンターシャフト上部接続口と結び付けるか?
ダクト接続方向を検討中!

111.2013年03月16日
気密測定機設置
気密測定機設置

気密測定技能者の野村さんは厳しい位、気密に対して真剣です。
完成後の状態と同じ状況の目張り処理まで、気密性を上げるサッシの目張りなどはしません。正しく測定しないと給気、排気がきちんとできません。

112.2013年03月16日
施主様立会気密測定
施主様立会気密測定

気密測定は施主様立会にて検査を行いました。建物は気密確保が重要です。正しく施工しないと給気、排気がきちんとできません。
熱気球の外皮と同じでスカスカだと、いくら温めても、熱は逃げて気球は上昇しませんからね!
このポイントをしっかり押さえると、建物と住む人の健康が確保され、省エネの住まい方が出来ます。

113.2013年03月16日
気密測定の結果
気密測定の結果

気密測定のデータBOXです。かなり良い数値がでましたので、野村さんからお誉めの言葉を頂きました。
高橋棟梁も一安心です。
後日、気密測定報告書を作成しまして、提出させていただきます。

114.2013年03月18日
瓦工事開始!
瓦工事開始!

陶器瓦の搬入が始まりました。今日は、とても南風が強いので注意が必要です。

115.2013年03月18日
瓦荷上げ作業
瓦荷上げ作業

耐震、耐久陶器瓦で地震や台風に強い防災平板瓦を使用します。

116.2013年03月19日
内装造作材搬入
内装造作材搬入

造作建材の仕分け作業を行い、窓枠の組み立てを行いました。

117.2013年03月19日
エアコン用壁貫通スリーブ
エアコン用壁貫通スリーブ

天井下地組みが完了しました。2階洋室2は、エアコン用壁貫通スリーブとエアコン用コンセットを施工しました。

118.2013年03月21日
システムバス組み立て工事
システムバス組み立て工事

屋内の電気配線、給排水配管が完了すると、システムバス工事となります。床パネルと浴槽を設置しまして、壁パネルの骨組み組立です。
本日中には、組み立て完了となります。

119.2013年03月21日
瓦工事間もなく完了です。
瓦工事間もなく完了です。

屋根瓦は耐震、耐久陶器瓦で地震や台風に強い防災平板瓦葺きが終わりました。
後は、棟瓦工事で棟換気を2台、取り付ければ瓦工事の完了です。

120.2013年03月21日
棟瓦取り付け作業
棟瓦取り付け作業

本日は、風もなくいい天気です。軒先には、雪止め金具も付けてあります。
瓦工事の最終作業は、棟瓦取り付けです。

安全作業で、宜しくお願いしますね!

121.2013年03月21日
躯体検査は、軸組み作業の完了時検査です。
躯体検査は、軸組み作業の完了時検査です。

株式会社 日本住宅保証検査機構 JIOによる「躯体検査」を行います。断熱材料寸法や施工状況、筋かいや接続金物など図面どおり出来ているかチェックされます。

122.2013年03月21日
躯体工事の完了時は内部だけでなく・・・
躯体工事の完了時は内部だけでなく・・・

躯体工事の完了時は内部だけでなく、外部もJIO検査官による外部検査を受けます。
防水下地材の立ち上がり寸法や施工状況など雨水侵入の恐れがあるところを重点的に、規定どおり出来ているか確認します。

123.2013年03月21日
雨水の侵入しやすい個所をJIOが検査します!
雨水の侵入しやすい個所をJIOが検査します!

外部の検査は、JIOによる「追加外装下地検査」です。
壁の防水下地や笠木天端の施工状況、防水層の立ち上がり寸法や窓開口部、外壁貫通部の防水措置状況など、すべての個所を確認です。

検査の結果、内部、外部とも合格を頂きました。

124.2013年03月25日
スーパーロック工法による屋根瓦工事完了!
スーパーロック工法による屋根瓦工事完了!

スーパートライ110は、スーパーロック工法によりK様の屋根を、暮らしを守ります。地震、台風に強い防災平板陶器瓦です。
陶器瓦は大変優れた屋根材です。耐風性能、耐震性能、耐久性能、防水性能など、「瓦屋根標準設計施工ガイドライン」にもとづいた数々の試験を行い、強さも証明されています。

125.2013年03月25日
階段取り付け作業
階段取り付け作業

2階から小屋裏の階段取り付けは、けこみ板取り付けを行い、踏板は傷をつけない様に、養生をしました。
1階から2階への階段工事を始めました。もう少しで安全に2階へ登る事が出来ますので、楽しみにしていて下さいね!

126.2013年03月25日
小屋裏エアコンの隠ぺい配管工事完了!
小屋裏エアコンの隠ぺい配管工事完了!

小屋裏エアコンの取付位置が直接外壁側でない所や外部の配管をなるべく見えないようにするには、木工事中に先行で壁の中や天井裏に配管することを、隠ぺい配管と言います。
涼温換気のエアコン配管は、あとで屋根裏に入れる所なので、2階床までの壁貫通配管が完了しています。

127.2013年03月28日
外壁サイディング工事打合せ!
外壁サイディング工事打合せ!

高橋棟梁の外部工事完了に合わせて、本日は、外壁サイディング工事を行う、宮田さんと現場打合せ確認!
細部の納まりや寸法確認をしました。この後は、外部の塗装工事が入ります。
外壁サイディング工事は、来月8日からの着工予定です。

128.2013年03月30日
ダイニングとリビングのR型下がり壁
ダイニングとリビングのR型下がり壁

高橋棟梁に、2種類の型板を作成してもらいました。ありがとうございました。
本日の打合せで、決定させていただきます。

129.2013年03月30日
内装建材の間配りとは?
内装建材の間配りとは?

商品が、どこに取り付く物なのか?ひとつづつ品番を確認して、取り付ける所に配ること!
内装建具だけで、何点あるのか?数えてみたら・・・116個の商品です。
高橋棟梁しっかりお願いしますね!

130.2013年04月01日
洗面化粧台の取り付け下地施工!
洗面化粧台の取り付け下地施工!

住宅設備機器は、それぞれの下地造りがあります。高橋棟梁と寸法や場所を確認して、下地施工をします。
これで、商品がしっかり固定されるのです。

131.2013年04月04日
1階トイレ手洗カウンターの下地
1階トイレ手洗カウンターの下地

商品が決定していますので、取り付け用下地をしっかり施工しました。
今月、商品の注文をしますので色柄の最終承認をお願いいたします。

132.2013年04月04日
キッチン照明器具は、埋め込みです。
キッチン照明器具は、埋め込みです。

埋め込み器具は、天井下地作業で開口します。開口寸法が同じであれば、器具の変更は可能です。
直付けの器具やダウンライト器具でも、下地の造り方が違いますので、あかりプランは、早めの決定が良いですね!

133.2013年04月04日
化粧破風板取り付け完了!
化粧破風板取り付け完了!

高橋棟梁の外部作業締めくくりは、化粧破風板取付です。
屋根勾配に合わせ破風板をカット!!
外部作業が終わりました。

134.2013年04月06日
玄関ホールのR型下がり壁
玄関ホールのR型下がり壁

高橋棟梁、打合せどおりです。
さすがですね!
玄関ホールにある2ヵ所のR型下がり壁は天井からの下がり寸法が少し違います。これでいいのだ!

135.2013年04月06日
リビングR型下がり壁
リビングR型下がり壁

K様と何度も打合せをさせて頂きまして、どうでしょう?
壁とR型との取り合い部分!
高橋棟梁がんばりまして、「カクカクせずに優しくマルく」出来ました。

136.2013年04月11日
造り付け物入れ
造り付け物入れ

物入れ内部に仕切りを入れて、収納と洋服コート掛けなどを区別しました。仕切りの幅は、打合せどおりの寸法です。
収納内部と建具もホワイト色!いいですね!

137.2013年04月11日
壁の耐火ボード施工
壁の耐火ボード施工

壁クロスを貼る下地です。
壁ボード貼り作業が、あと少しとなりました。その後、天井廻り縁や幅木など取り付ければ、木工事の終了となります。

138.2013年04月11日
化粧破風板の塗装工事完了しています。
化粧破風板の塗装工事完了しています。

今日は、突然の雨でビックリ!!
屋根、窓の養生をしっかり行い、化粧破風板の塗装仕上げと軒天塗装が完了していましたので、問題なし!
破風板のラインと屋根のラインがシュッシュとシャープにピッィピィ!!
晴れて来たので、外壁工事再開です。

139.2013年04月11日
外壁サイディング工事
外壁サイディング工事

土台の水切りを取り付けて、東面側から工事が順調に進んでいます。
今月末には、外壁サイディング工事が完了予定です。

140.2013年04月11日
東側の外壁工事状況
東側の外壁工事状況

外壁のサイディング材は、厚さ18ミリで長さ3メートル!
かなり大きいので、まずは施工しづらい所から・・・小林さん「やるぞ!!」と気合を入れ、サイディング工事中です。
「安全第一」でおねがいしますね!

141.2013年04月13日
玄関ホールR型下地完成!
玄関ホールR型下地完成!

R型下がり壁、クロスを貼る下地も耐火ボードで施工しました。

142.2013年04月13日
リビングR型下地完成!
リビングR型下地完成!

キッチンからリビングへのR型下がり壁、クロスを貼る下地も耐火ボードで施工しました。

143.2013年04月13日
西側外壁工事はじまる!!
西側外壁工事はじまる!!

玄関側の作業になりました。

144.2013年04月13日
東側外壁工事完成しました。
東側外壁工事完成しました。

外壁工事は、順調に進んでいます。

145.2013年04月19日
外壁サイディング工事状況
外壁サイディング工事状況

外壁材の施工が、玄関廻りを残すだけとなりました。
外壁目地部分やサッシ開口部の廻りをシーリング材にて防水処理します。

146.2013年04月19日
内装建具取り付け
内装建具取り付け

天井廻り縁や幅木などの取り付けが終わり、内装建具取り付けとなりました。
施工説明書をよく読んで、作業を進めます。あと少しで、高橋棟梁の作業が終了です!

147.2013年04月20日
サイディング目地シーリング工事
サイディング目地シーリング工事

東側のシーリング工事は、終わりましたが、緑色のマスキングテープが付いている南側がもう少しです。

148.2013年04月22日
システムキッチン寸法取り
システムキッチン寸法取り

ドラールの平野さんとキッチン寸法最終確認!
給排水配管位置、取付下地寸法などの納まりを確認しました。システムキッチンは、来月上旬の取付です。

149.2013年04月22日
外壁貫通部シーリング工事
外壁貫通部シーリング工事

シーリング材を目地や外壁貫通部にしっかり充填させるため、緑色のマスキングテープで養生!
サイディングの凹凸にあわせてテープを貼ります。

150.2013年04月26日
クロス寸法取り
クロス寸法取り

内装クロス、クッションフロアー採寸および納まり打合せを行いました。

151.2013年04月26日
外壁工事完了しました。
外壁工事完了しました。

シーリング材を目地にしっかり充填させるための、マスキングテープをはがして完了です!

152.2013年04月29日
雨樋取り付け工事
雨樋取り付け工事

破風板と同系色のモダンベージュ色の雨樋が準備されました。工事図面を確認、樋取り付け位置を現場打ち合わせて、いよいよ取り付け開始です。

153.2013年04月29日
玄関土間シロアリ対策
玄関土間シロアリ対策

ターミメッシュ防蟻工事は、ステンメッシュとパージ塗り(特殊モルタル)をして完了です。物理的防蟻対策で、施工後に嫌な臭いがありません。この工事が終わると2層目のタイル下地土間コンクリート工事です。

154.2013年05月02日
クロス下地作業はじまる!!
クロス下地作業はじまる!!

クロス工事は、下地処理がクロスの仕上がりを左右するくらい重要です。石膏ボードのつなぎ目、ビス頭などはパテを入れ平坦に整えます。

155.2013年05月02日
クッションフロアー下地作業
クッションフロアー下地作業

クッションフロアー工事も、下地処理が仕上がりを左右するくらい重要です。下地のつなぎ目などはパテを入れ平坦に整えます。

156.2013年05月02日
足場解体作業
足場解体作業

外部足場が予定どおりに解体となりました。
18ミリの外壁材は、凹凸の彫が深く美しいですね!
玄関周りは、屋根や破風板との色合いが、とてもいい感じの仕上がり!!

157.2013年05月07日
換気システム工事
換気システム工事

小屋裏のクッションフロアー工事が完了しましたので、換気システム本体の組み立て作業を行います。
作業は、屋内電気配線工事を担当する大沼さんです!

158.2013年05月07日
基礎巾木左官仕上げ
基礎巾木左官仕上げ

基礎断熱材の劣化を防止するための、基礎巾木塗りが完了しました。堀越左官さんありがとうございました。

159.2013年05月07日
涼温換気本体設置作業
涼温換気本体設置作業

機械室に、涼温換気CS−HVS本体を設置。
下部の機械が、温度湿度の交換できる全熱交換機です。右側上部に見える四角い白い箱がミキシングBOXです。全熱交換された新鮮な外気とエアコンからの吹き出し空気は、ここで混ざり合いセンターシャフトを通過してから、新鮮な空気を室内に供給します。

160.2013年05月07日
1階クロス下地状況
1階クロス下地状況

クロス工事は、インテリアワコーさんが担当です。
1、2階の下地処理が完了しました。

161.2013年05月11日
玄関土間コンクリート打設完了!
玄関土間コンクリート打設完了!

栗山さんが、基礎を完成させてからの久しぶりの現場作業です。
2層目の玄関土間およびエコキュート架台のコンクリート打設!

162.2013年05月11日
システムキッチン取り付け工事
システムキッチン取り付け工事

キッチン取り付け工事中!
ピッカピカのキッチンパネルは、お手入れが容易に行えます。キッチン本体は段ボールで養生です。クリーニング工事が終わるまでしっかり養生します。

163.2013年05月11日
内装クロスの壁紙は、機械で糊付けされます。
内装クロスの壁紙は、機械で糊付けされます。

本日は、K様との現場打合せがありましたので、一緒に内装クロス壁紙貼り作業とキッチン施工を見て頂きました。
仕上げ工事が順調に進んでおります。

164.2013年05月13日
浄化槽工事
浄化槽工事
165.2013年05月14日
玄関タイル工事
玄関タイル工事
166.2013年05月14日
照明器具納品
照明器具納品
167.2013年05月14日
内装クロス工事
内装クロス工事
168.2013年05月14日
システムキッチン養生中!
システムキッチン養生中!
169.2013年05月15日
タイル目地作業
タイル目地作業
170.2013年05月15日
ベランダ手すり工事
ベランダ手すり工事
171.2013年05月15日
ベランダ笠木取り付け金具設置状況
ベランダ笠木取り付け金具設置状況
172.2013年05月16日
浄化槽埋設工事
浄化槽埋設工事
173.2013年05月17日
エコキュート設置状況
エコキュート設置状況
174.2013年05月17日
電気仕上げ工事
電気仕上げ工事
175.2013年05月21日
建物完了検査
建物完了検査
176.2013年05月21日
建物内部の完了検査状況
建物内部の完了検査状況
177.2013年05月21日
現場監理状況書類検査
現場監理状況書類検査
178.2013年05月21日
床下清掃作業状況
床下清掃作業状況
179.2013年05月21日
床下除湿機設置しました。
床下除湿機設置しました。
180.2013年05月21日
床下センターシャフト廻り清掃
床下センターシャフト廻り清掃
181.2013年05月21日
床下点検用照明器具
床下点検用照明器具
182.2013年05月21日
システムバスの床下清掃
システムバスの床下清掃
183.2013年05月22日
蓄熱暖房機設置工事状況
蓄熱暖房機設置工事状況
184.2013年05月23日
蓄熱暖房機設置完了!
蓄熱暖房機設置完了!
185.2013年05月23日
工事完了しました。
工事完了しました。
186.2013年05月23日
ダイニングキッチン完成!
ダイニングキッチン完成!
187.2013年05月23日
空気清浄フィルター取り付け状況
空気清浄フィルター取り付け状況
188.2013年05月23日
涼温換気ダクト接続状況
涼温換気ダクト接続状況
189.2013年05月26日
竣工立会確認
竣工立会確認
190.2013年05月26日
カーテン打合せ
カーテン打合せ
涼温換気SA-SHEの家 - 全物件 にある

その他の施工事例集

ページトップへ