24時間換気システムの〝おびただしい虫″

換気フィルタ―が「おびただしい虫」まるで地獄絵図… 

『フィルターのフタを開けたとたん、生きた小バエが飛びだし、

大量の虫の死骸にショック。担当営業のいいわけに、

私の心(それは違うやろっ!!空気読め‥!)

〇〇工務店なんかで建てるんじゃなかったと思う出来事でした‥』

以上はネットで見つけた記事より。

某ハウスメーカーの世界トップレベルだというダイキン製の換気システムの記事。

24時間換気システムのメンテナンスが問題になりつつあります。

数年前の記事なので虫問題が改善されたかどうか解りませんが

換気は空気抵抗との戦いである
とすれば曲がりくねるダクトの空気抵抗問題は未解決でしょうね!

外部に防虫ネットを付けても風量はガクッと落ちる。換気の権威者である石井氏が指摘するように

★大手ハウスメーカーの家造りへの取り組みのまずさが、

24時間換気の欠陥をいまだに解決できないでいる。

太く一直線で極端に抵抗の少ないダクトがなければ、虫対策はいつまでも未解決だと思う…

「ムシ」問題は換気メーカーの致命的な弱点
 涼温換気は①袋フィルターに生きた虫を閉じ込め、そのままポイ捨て‥

②はエアコン用のフィルタレット、③が換気フィルター



大手換気メーカー標準品、粗塵フィルターとは‥下の写真

この粗塵フィルタ―のメッシュに虫の死骸や生きた小バエなどがたまる。

 

この先予想されるクレームは換気フィルタ―のメンテナンス

換気トラブル7つの死角。日経ホームビルダー2018年7月号

co_diary/fdf023ffe41322b2aa884c36-556.html。

ヨーロッパの換気メーカーで「涼温換気」をプレゼンテーションした結果

フィルター清掃へのアクセスが絶賛された。

ここで注目すべきはヨーロッパの換気メーカーはすでに

フィルタ―清掃へのアクセスを重要テーマとしていること‥

袋フィルターを知る知らないとでは、主婦の暮らしが全く違ったものになります。

もうひとつ、換気装置の重要部はフィルターの接続部の密着性

この小さな隙間が換気メーカーのネックで未解決な問題となっている。

 

その隙間を解決した袋フィルター‥そこの小さな緑色のゴム辺が大きな役割を果たす。

隙間がネックなのに換気メーカーは「ダクト内部はこんなにキレイ‥!」と下の写真を見せます。

この説明には長年騙されていた…メーカーがなぜ??

ちなみに空気の吹き出し口(給気口)に真っ白なハンカチを付けて見てください。

2週間で灰色に汚れます。

※今の外気はフィルター1~2枚では絶対にと言っていい、キレイになりません。

涼温換気は合計4枚のフィルターで外気を濾過します。

 

 

 

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ