黄砂の飛ぶ時期、涼温な家は「シェルター」となる

黄砂の飛ぶ時期 
涼温の家‥あるときは中国の越境汚染から家族の健康を守るシェルター」となる。

建物の断熱・気密にタップリ手間を掛け、室内のキレイな家は

大気汚染から家族の健康を守るシェルター

もう越境汚染、黄砂からは自分自身で身を守る時代‥ですね。

 中国発「殺人黄砂」に気をつけろ…なんと放射能セシウムも含まれる、恐怖の砂

以下、2012年5・11号フライデー

 喘息どころか脳梗塞の原因にも‥!

最新の研究では、花粉症などアレルギー性鼻炎や喘息の病態が悪化することが報告されています。

他に目のかゆみ、アレルギー結膜炎、アトピー性皮膚炎の悪化、

韓国では黄砂が飛ぶ時期は死亡率が増加します。

加えて黄砂には中国で発生した煤塵や大気汚染物質が付着しており、

そこにはカビなどの細菌が含まれます。

なかには感染症を引き起こす病原微生物も付着しているのです》以上

中国はいつどこへ行っても「灰色の空」7年前に訪問した高級分譲地「空」に注目 

室内に入れば空気はキレイだと思っているのか、「換気に全く関心がない‥

空気と換気に関心がないところは日本も同じですかね。

高速道路を半日走っても同じ灰色の空、どこへ行っても同じ空

窒素酸化物を多く含むとこのような雲が見えない空になるらしい。

窒素酸化物は発がん物質を含みます‥

どこに行っても同じ空は不気味ですね、空気に関心のある中国人でも逃げ場所がない

アメリカへのホームセンター向けに輸出する工場訪問

経営者は大忙しで外気など気にする様子は全くなし‥

週刊文春2009年3月12日では

黄砂は花粉の粒子よりも小さいため、肺に入り気管支喘息、内臓疾患を誘発する。

近年のアレルギー症状悪化の原因は黄砂ではないか?

中国では固形産業廃棄物放置などで汚染された耕地が耕地面積の1/10を占める、

銅や水銀クロム、放射性元素や砒素などが染み込んだ土が黄砂となる。
付着物から大腸菌まで検出されている。

大気汚染も深刻で、中国では熱エネルギーの2/3を石炭に頼っている、

しかも品質のいいものは輸出に回し、国内では悪いものを使用する。

 

* イベント予告ページはコチラへ
* 「ただいま建築中」ページはコチラヘ
* 「住み心地証言集」ページはコチラへ
* 「住み心地体感ハウス」ページはコチラへ  (※宿泊体験お申込みも受付中!)

 

 《SNSもよろしくお願い致します》                     

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ