新築前に構造内部の結露とカビに目を向ける‥(Ⅲ)

見えない壁の中に関心を持つ。

とくに洗面室や浴室のある北面の壁内は、日当たりも悪く湿気が抜けにくい。

普通は下の写真のように見えることがありません。

外壁を止める胴縁という板があり壁内が蒸れていても見えません。

普通の人は外壁の内側にある断熱材なのに、なぜ外断熱というのというレベルらしい…?

 柱と柱の間に断熱材を押し込む方法を内断熱といい、柱の外側に断熱材を張り付ける方法を外断熱と呼ぶ

内断熱でも様々な工法があって、弊社では20年前に内断熱のパネル工法などいくつか試みた。

結論は外断熱と比べると、どうやっても気密性が落ちる。中気密になってしまう。

高級な「ホテルライクな暮らし」を望むのであれば中気密であってはなりません。

 これからは家造りに失敗しないため、壁の中、床下、屋根裏にも目を向けて下さい。

壁の中ににギューギュー詰め込まれる断熱材の"湿気"にも注意して下さい

※これまではスカスカ断熱が幸いし、内部結露による被害が少なかっただけです。

まんいち、壁内に入り込んだ「湿気」を放出できるという「透湿防水シート」

 

透湿防水シートがカタログどおりの性能をいつまでも発揮すると思いますか‥?

頼れるシートが化学変化や経年劣化で透湿しなくなった‥としたら? 大問題ですよね‥ 

下の写真は「いい家」が欲しいより抜粋、

★透湿防水シート(タイベック)は安全を保障するものではなかった。

それでも多くの造り手は透湿防水シートが壁内の湿気を排出できる‥という考えがあるようです。

いえ、排出できるハズだ‥排出するに違いない‥でも本心は?  そう考えていないでしょうね。

『日経ホームビルダー』では「はっ水性がある筈なのに内部に結露‥!

透湿防水シートの実験データを公表したらその学者は袋叩きに合うだろう‥

という話を聞いたことがある。ホントかどうかはともかく

いい家」が欲しい。この本がいかに真実を訴え、勇気ある住宅本であるかお解り頂けると思う‥!

綿状の断熱材は湿気を吸い込み湿気がなかなか抜けません。壁の中がカビダニの巣窟となってしまう。

カビダニだけでなくボルトなどの金物や木材も"湿気"に弱い‥

下の写真は「日経ホームビルダー」より抜粋

腐朽菌はアンカーボルトやくぎも菌が分泌する有機酸で溶けてしまう。

これまではスカスカ断熱のおかげで結露被害、生物劣化被害が少なかったのです。。

構造内部の湿気排出「機械換気」に勝るものなし。

 

 【関連記事】

・気密を疎かにした「ナミダダケ事件」は国家的過失。

 

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

社長が語る家づくり重要ポイント|断熱と気密

ページトップへ