大きな窓がなぜ暗く感じるの・・・・

セキスイハウス新聞一面の広告

セキスイハウス新聞一面の広告。

弊社は大きな窓で何度も何度も、繰り返し失敗している。

セキスイハウス新聞一面の広告

開口部は大き過ぎず…小さ過ぎず

ペアーサッシ、トリプルサッシでもガラスはガラス 冷たい

壁とサッシでは3℃以上温度が違います。

3℃温度が違うと、足元に冷たい空気が降りてくるコールドドラフト現象

寒い…寒い!!空気は動くのです。

そして、大きな窓がなぜ暗い?「エコハウスのウソ」より

大きな窓がなぜ暗い?「エコハウスのウソ」より

窓が大き過ぎると暗く感じる…このことをベテラン設計士でも知らない人が多い

北側の小さな窓でも熱侵入に注意。北側の隣地は南面です

南面からの照り返しに十分に配慮すること。

重要【室内ブラインドと外付けブラインドでは10℃も遮熱効果が違います

温度差約10度の大きな遮熱効果

家造りに失敗しないため

「いい家」が欲しい。を何度も何度も読み返してください。

ハウスメーカーの実名をあげるプレッシャーは、並大抵ではありませんよ…

そして他社の悪口は嫌われる。悪口は誰も書きたくないのです。

大量生産販売の狙いは

大手メーカーが造るもの、より多く宣伝するもの、住宅展示場にあるもの

一番売れているものがいい家であるというイメージをつくりあげることです。

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ