「家が腐る」日本経済新聞の警告

知られては困る家造りの真実「いい家」が欲しい 新改訂版Ⅱより抜粋 

以下、日本経済新聞の警告

壁内結露はかつて北海道で大きな問題になった。

1973年の石油ショック以降、灯油代を節約するための断熱施工が主流になり、

設計者たちはグラスウールなどの断熱材を壁の厚さ100ミリいっぱいに詰め、競って断熱性能を向上させた。

こうして建てられた高性能住宅は早いもので築後数年で腐り始めた。

高い授業料を払った結果、北海道の住宅会社と消費者は断熱の怖さを学んだ。

『必ず気密、防湿、壁内通気をするどれかが不十分なら、

いっそ断熱をしない方が安全です。と北海道立寒冷地都市研究所の福島さんは語る。

壁内結露を防ぐには値段は張るが、水や空気を通さない板状の断熱材を使う外断熱工法が最も確実。

以上

板状の断熱材を使う外断熱工法とは以下の写真

『壁内通気』を可能にする。TIP工法



日本経済新聞の警告

防湿気密層が不十分な本州で、これまであまり問題が起きなかったのはなぜか

断熱施工の方も仲良く不十分だったから、という点で専門家の意見は一致する。

東京などでは繊維系断熱材を50ミリ入れる程度だったので断熱材の周囲に空間があき

壁内結露が起きてもなんとか乾いていたらしい。ところが、最近は情勢が変わりつつある。

政府の新省エネ基準制定を機に、新築住宅の断熱材は厚くなった

繊維系断熱材の業界は「北海道並の100ミリ断熱材でなければ時代遅れになる」といった広告を打ち、

断熱性能の強化を訴えている。100ミリ断熱にすると壁の中の空間は全て埋まり、結露は乾きにくくなる。

土屋教授らが観察した早すぎる腐朽の多くはこうした断熱住宅だという。

断熱だけに目を奪われていると家を腐らせ、せっかくの省エネ努力も水の泡になりかねない。

科学技術部 豊川博圭

【関連記事】

シートによるの防湿層造りは全く非現実

●お客様に評価されず、わりの合わない建物の防湿層つくり。

建物の防湿層(べーパーバリア)ご存知ですか?

壁内結露を防ぐTIP工法、上の写真のように壁内を蒸れさせません。

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ