構造内部の通気性はやればできる

構造体内部の『通気性』はやればできます。

数年前、体感ハウスに大学で建築を教えている教授が来られた。

いくつかの質問のなかで構造内部の通気性が話題になった。

『新換気の家は居室も構造内部も同時に換気します 』と説明すると‥

構造内部の通気はたいへんですよ、必ずどこかに通気の止まる場所、通気が遮断される部分ができる。

確かにそのとうり‥! さすが建築の専門家でした。

どんな工法でも構造内部の通気は、どこかで遮断され密封部分ができる。

なので昔から構造内部は「湖の水の流れと同じ」どこかに必ず流れが泊まるところある。

そう言われてきた。そのため弊社は外断熱を始めた25年前から構造内の通気『連通』に気を配り

涼温な家になる前は二重通気工法とTIP工法による構造内の自然通風でした。

それが涼温な家に進化すると本格的換気による構造内部の通気になった。

★『床下から壁内、小屋裏まで居室同様に通気止まり、湿気溜まりを造りません‥ 』

TIP 構法耐震と壁内の通気対策であって、これまでの構造用合板なら どこかで必ず通気が止まる。

ダイライトのような通気性のある合板にしても、過信は禁物で壁内の「通気」は必須条件になる

そのために外断熱の高気密は「絶対条件」ここ重要ですね!

 構造躯体内の結露によるカビ・腐食を住む人はいつまでも気付かず、 カビ臭い家になってからでは遅い。

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ