入浴事故は交通事故の3倍

入浴事故は交通事故の3倍

風呂でなくなる入浴事故が交通事故の3倍だそうですよ。

なかでも高齢者の思わぬ事故

脱衣所と浴室の温度差による脳梗塞、心筋梗塞は冬場に多い。

浴室と脱衣室の温度差をなくすにはどうするか、

NHKラジオで医師がアドバイスしていた。

浴室のドアーを開け、脱衣所を少しでも暖めることです

湯気で霧の中にいるようになるが温度差を少しでもなくすことができます。

ひとつの方法ですが、普通の家は洗面脱衣室が濡れていいように造られていません。

中途半端な通気、断熱は壁内、床下にカビを発生させ、腐食を早めます。

洗面脱衣室を湯気だらけにしていいのは、

しっかりと外断熱され、床下と壁内、室内を同時に換気(通気)できる家です。

 

これからは換気の時代

水廻りの床下も壁内も適切な計画換気で湿気を排出する。

ドクターが住まいと断熱について知識があったなら

「至急、外断熱に改修すべき」とアドバイスするでしょうが。

外断熱に改修すれば室内の温度差も緩和され、

脱衣室に小さな暖房機を置くだけで暖かくなります。

脱衣室を暖房しないで無防備にしているのは日本くらいだと聞いたことがある。

住まいの温度差がどれだけ危険なのか、不幸は突然やってきます。

外断熱改修するのに、早すぎることはありません。

 

 

 

社長が語る家づくり重要ポイント|断熱と気密

ページトップへ