自然素材の臭い吸着・湿度調湿は過信は禁物‥

換気メーカーの換気システムは期待はずれの連続でしたが

珪藻土や漆喰、塗り壁、無垢板など自然素材についても過信は禁物。

家造りに携わる者であれば誰でも自然素材に憧れ、一度は必ずチャレンジするもの。

龍ヶ崎体感ハウスと水戸体感ハウスでは珪藻土の4~5倍の調湿性あるというので

エコカラットを多用してみた。龍ヶ崎体感ハウスのエコカラット

体感ハウスでは杉板や塗り壁の部屋を造ったりもした。

エコカラットの部屋や無垢材の部屋は気のせいなのか、少々埃っぽい臭いがする。

珪藻土は細かい粉塵が飛ぶそうなので20年前に使用したきり‥

臭いは自然素材で吸着するのではなく換気で排出するもの。

水戸体感ハウスでは壁3方にエコカラットを使用

その結果このカタログは何‥といえるほどに期待外れでした。

自然素材の調質や臭いの吸着性は、小さな実験装置の中だけだと思ったほうがいい。

自然素材の臭い吸着・湿度の調湿は?過信は空気が悪化‥

自然素材は色合いやデザイン 肌触り 感触を楽しむものであって

湿気の吸放出や臭い軽減を期待すべきではありません。

以下「涼温な家」では

2年ほどかけて壁材もいろいろ寝室で試しました。湿気を吸放出し、

においを吸着するという珪藻土をはじめ、さらに化学物質も吸着するという火山灰を活用した塗り壁や、

通気性・抗菌性に優れたと称するクロス類、マイナスイオンを放出するというものなど多岐にわたりました。

そして分かったことは、実験室では効果を確認できたというものであっても

実際の生活の場では空気を気持ちよくするのではないということです。

このことは、夜寝る前に機械換気を止めて、朝トイレから戻るとわかります。

カタログでは優れたデータを誇示していたのですが、どれも空気の感じが悪化するのです。

やはり機械換気にまさるものではありません。以上

自然素材の臭い吸着・湿度の調湿は?過信は空気が悪化‥

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ