人はめっぽう暑さに強い‥弱点は「寒さ」

「エコハウスのウソ」前真之著の増補改訂版が発売

 この本は「涼温な家」が日頃から訴えていること、と似た内容がたくさんでてくる。

 以下、「エコハウスのウソ」より

壁を埋めつくす「大きな窓」に開放的な「吹き抜け空間」

エコハウスは本当にエコなのか、

その現実はさるエコハウスに常駐する説明員の漏らした一言が象徴している。

「この家はエコということで設計されたと聞かされている。だけど、

いつもここにいる自分には不便で全然快適ではないし、

省エネになっている気もしない。わざわざ見に来てくれる人に、

この家を褒めてよいものかどうか悩んでいる…‥」

「夏を旨とすべし」は通風偏重・断熱気密軽視の言い訳に使われていることが多い。

日本の家はまず「冬旨」でつくっておくべし。

 

 

気密性がないと機械換気の効果は激減

「気密を取らない」とは、空気の質に「責任をとらない」ことと同じだ。

気密性がないと空気が動かず汚染された空気が滞留する。

熱い天井と冷たい壁・窓はお断り!!

断熱不足の屋根は、最も不快な暑い天井の主犯。

頭上から容赦なく赤外線が照射されることになる。

冷たい壁も2番目に不快なもの

壁で一番熱的に弱い「窓」は、特に重点的に断熱強化する必要がある。

以上

 体感ハウスでは一昨年から窓への防備「ハニカムカーテン」を付けている、

驚くほど良くなりますよ。

予算に限界があってもハニカムカーテンは付けるべし‥

 浴室の窓にもハニカムカーテン☆彡こちら

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ