湿度40~50%はインフルエンザウイルス生存率が数%に

湿度が50%になると「インフルエンザウイルス」の生存率が急速に低下します。

インフルエンザウイルスの生存率

湿度20%と湿度50%を比較するとその生存率の違いに驚く…

湿度が50%になると「インフルエンザウイルス」の生存率が急速に低下

湿度20%だと70%の生存率だったウイルスが、50%になるとわずか数%に激減します。

ところが適当な隙間のある家、換気の機能しない家は

湿度40~50%を維持しようとすると必ずどこかで結露します。目に見えな構造内部の結露ですね。

関連記事●過乾燥の季節、カラカラ湿度の影響をもろに受けない家、湿度の回収率70%

加湿した室内の湿気を室内に戻す‥回収できる換気装置を全熱交換換気といいます。

構造内部も換気・排気をして、結露カビを防止します。それは断熱材と建物の高気密が絶対条件となる。 

防湿層の確保、一般の人はここが理解できず防湿層(ベーパーバリア)の実情を知りません。

どこでも良くやっているのでは?  そう思うかもしれませんね。ところが大間違い‥

普通の人は家の構造には関心がなく、知らないですよ…とはリクルート、スーモの担当者。

ですから家を建てる前に気密防湿層などに関心がない‥

造る側はお客様が関心のないところに費用を掛けません。

●湿気とは目に見える「湯気」と違います。簡単に構造内部に侵入し結露を発生させます。

気密防湿という技術は大工や職人たちの良心と技術が必要で簡略化できないのです。

●なぜ、本格的な外断熱をやれないの‥?外断熱は難しいよ、大工さんの話

そんなに高気密な家にして、もし停電になったら? そのときは少し窓を開ければ済む

「換気+エアコン風量」による混合空気は気流を感じず

600~700m3/hの膨大な新鮮空気が「給気」される。

センターダクトはまさに運気を開き、住む人の健康を守る空気の大黒柱

「いい家」造りの願いは

 健康増進に役立ち、冬季のウイルスも激減させる上質な住み心地を確保することにある。

【関連記事】

●断熱と気密『ベーパーバリア』防湿層ご存じですか?

●湿度40~50%の維持はお肌の環境造り

●なぜ、本格的な断熱気密、をやれないの?外断熱は難しいよ、

●蒸れない壁内、結露カビを確実に防ぐ…

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な情報をタイムリーにお送り致します

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ