すべての事象に原因がある。家は科学的

エコカラット調湿性が高いというので壁三面に使用してみた。

その効果は? ほとんどなし‥やはり調湿は機械換気に勝るものなしでした。

水戸体感ハウス

シックイや珪藻土その他、自然素材の調湿効果には間違いなく裏切られます。

水戸地区は原子力研究所のお客様が多い。

2014年11月、一週間にお見えになった3組のお客様すべて原研のお客様。 

笠間市で2018年に完成した「涼温な家」は青森県の原研にお勤めだった。

フォットギャラリー

●笠間という地にほれ込み「涼温な家」を建てる。

センターシャフトこの考え方 はいい、! これしかないか‥と評価していただける。

これしかない‥他を選択できなくなるので「いい家」が欲しい。この本を封印してきた。

だから「いい家」を建てる。

以下 だから「いい家」を建てる。より抜粋

『家造りは 1+1=2の世界、原因と結果がはっきりしている。

不快な温度差、結露とカビの発生、騒音の侵入、空気の汚れ、など

ほとんどすべての事象に明確な原因がある。

家は科学的でなければならない』 

以上

【関連記事】

●「心地よさ」保障できますか?

社長が語る家づくり重要ポイント|基礎

ページトップへ