壁内の湿気とカビは‥長期優良住宅が短期不良住宅の恐れ

ハウスメーカーのキレイな外観

でもどれだけの人が壁のなかや床下・屋根裏など

見えないところの湿気‥蒸れることに関心を持つだろうか?

多くは壁のなかに詰め込まれる断熱材の結露湿気・カビを考えることがないそうです。

その無関心さが築浅住宅(10年未満)の 結露被害が広がる結果になっているのでは?

お客様の『望むものを造る』だけではなく"お客様のためになる家を造れ"です‥!

家屋は売れれば良しとする原始的欲望を抑えてください。とは北里病院の医師

●屋根は10年もすると9割超が劣化。

ルポ、写真で見る「生物劣化」アンカーボルトも内部結露で真っ黒に、

100㎜断熱の進むこれからは、決してあり得ないことではない。

基礎も壁も外断熱にすればアンカーボルトなど金物の結露を防止できるというのに‥

業界のオピニオンリーダーである大手ハウスメーカーは

大量販売を優先し家の耐久性が短いことを密かに歓迎する? と囁かれています‥

●日本の断熱・気密性能は先進国で最低水準

ダントツで「最低の水準」に留まっていることをご存知でしょうか?

日本の住宅では結露が生じても施工者に責任がない、曖昧ですが

欧州では、結露が起きると施工者は責任を問われてしまう。

つまり、結露が生じることのない気密断熱性能が要求されている

●現実化した100ミリ断熱の損と得。

水蒸気は水滴の10万分の一の大きさでしかない

"湿気"は簡単に壁クロスの隙間から壁内に侵入し結露を発生させます。

水廻りはだいたいが北面なので、壁内に侵入した湿気はなかなか抜けません。

下の外壁写真は誰でも知っている大手ハウスメーカー、築年数は13年くらい

普通は壁材を取り付ける下地材(胴縁)があるためここまでハッキリ見えません。

多くの建物は北面の壁内はいつも蒸れている。

 ※壁の中に断熱材をギューギューに詰め込んでいいのは

外断熱でシッカリと「気密施工」され壁内に温度差を生じない建物に限られます

[断熱工事]付加断熱実施

外断熱は室内との温度差をなくし結露を防ぐ、充填断熱は単独で用いないこと!

 エコハウスのウソ 前真之著 本より抜粋

快適な暖房実現のカナメでありながら、いまだに理解されない「気密」

高断熱高気密の技術には、人の願いを叶えるための温かい知恵が込められている。

以上

住宅の高気密化が進み機械換気も進化した。

室内と構造内部を同時に換気し、壁内も床下も屋根裏も

室内と同じ環境にすることが可能になった。

気密検査の担当者は

年間50棟位検査をするが、ぶっちゃけた話、吉建さんが一番いい

他社は外断熱工法でもばらつきが多い‥

壁体内の結露防止は全ての会社の問題

 《SNSもよろしくお願い致します》                     

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ