いくら研究熱心なお客様でも、気付かないアンカーボルトの腐食

いくら研究熱心なお客様でも、気付かないアンカーボルトの腐食
信じられますか? 築6年ですよ‥

昔のスカスカ住宅と寒い家には、なかった現象です。
いくら研究熱心なお客様でも、気付かないアンカーボルトの腐食

基礎を外側で断熱しない限り、アンカーボルトの結露を防げないでしょうね。

写真は弊社の基礎ではありません。
基礎を外で断熱しない限り、アンカーボルトの結露を防げません

基礎を外で断熱しない限り、アンカーボルトの結露を防げません

基礎の冷気がアンカーボルトに伝わり結露する。

暖かい暮らしと温度差」による被害は

基礎も屋根も壁の中も昔は考えらなかった。

 現場発砲ウレタンでも基礎外断熱がなければアンカーボルトの結露を防げません。
現場発砲ウレタンでもアンカーボルトの結露を防げません

下はハイムの内断熱基礎のイラスト 
ハウスメーカーの基礎は「礎一体成型(防湿基礎)になっていないと思う?

基礎打継ぎ部からは毛細管現象で雨水が浸み込む‥打継ぎ部からはシロアリも侵入する。

基礎は打継部を無くせ‥!一体打ちで「打継部」を無くさなければなりません。

co_mame/Fwv20160219052626-615.html

ハイムの内断熱基礎のイラスト

イラストのような基礎では水がしみ込んでも見えない‥

暗い床下なので水染みを普段は見ることがありません。

 

基礎を内断熱にするには必ず外断熱と併用すること、そして、

★基礎外断熱とシロアリ対策、

物理防蟻は完璧でなければなりません‥

薬剤処理はいづれ必ずシロアリ被害を受けます。

基礎を内断熱にするには 必ず外断熱と併用すること

なぜ○○林業も○○工務店もハウスメーカーは基礎を含め外断熱にしないのだろうか?

外断熱にすれば簡単に「温度差」を解消できるといいのに‥

 

大和ハウスも外断熱をやるにはやるが、つくば市ではほとんど充填断熱だそうです。
外断熱に特化しようとした野村ホームは

2006年3月営業不振で会社を解散した。

大手ハウスメーカーは

今後も本格的な断熱の気密性能とベーパーバリア(防湿層)には取り組まないと思う‥

それだけ気密施工は大工さんの経験と手間と技術を要し、原価がupする。

☆建物の「温度差解消は」一般の人が思っている以上に難易度が高いのです

社長が語る家づくり重要ポイント|断熱と気密

ページトップへ