家にこそマスクをつけるべきだ。

家にこそマスクをつけるべき

花粉・PM2.5 対応の換気フィルターが売れているようです。

だが普通の住宅に

高性能フィルターを付けたとしても

風の強い日は「意図せぬ隙間」から外気が侵入します。

SA-SHEの家はその隙間をなくすため、大工さんの手間、工期が倍以上かける。

3倍かかる。

そこが簡略できれば価格が大幅に下がるのだが

今のところ気密テープに変わるものがない。
 
「いい家」が欲しい。

家の中には不都合なものが侵入しないという思い込み。

以下「いい家」が欲しい。より

『人は、インフルエンザ・花粉・黄砂・PM2.5などが心配なときは、

外出するときに率先して口や鼻をマスクで覆います。

それは健康を守るためであることは明らかです。

ではなぜ、家にもマスクをしないのでしょうか?

それは家の中にはそれらの不都合なものが侵入しないという思い込みがあるからです。

実際はすべての窓を閉めていても、意図せぬ隙間や換気の吸入口から侵入してきます。

風のある日はとくにそうです。 

ということは、一日中不都合なものを吸い続けているということになります。
そこで、

意図せぬ隙間をできる限り少なく(高気密化)して、換気の吸入口を一か所に絞り、

そこにマスクををつけるならば外気は浄化され、

家の中では健康増進に役立つ気持ちの良い空気を吸えるようになります。

家にこそマスクをつけるべきだ

こんな当たり前のことをハウスメーカーをはじめ造り手のほとんどが知らないのです。

換気というと、室内の空気質を改善するためのものとしか理解していないからです。

それは換気の半分でしかありません。

大事なことは外からの空気を浄化する役割です。

社長が語る家づくり重要ポイント|断熱と気密

ページトップへ