基礎の「打ち継ぎ部」を無くせ…基礎一体打ち工法。

基礎一回打ちと基礎二回打ちの違いがお分かりでしょうか

従来の基礎は基礎二回打ちと言い

基礎ベースと立ち上がり部を二回に分けて打つ

これでは必ず基礎に「打ち継ぎ部」ができ、基礎ベースと立ち上がり部が離れ

コンクリートと「鉄筋」がくっ付いているだけの状態になってしまう。

なのでジャンカ(不良個所)を防ぐことができません。

そのため20年ほど前から

特殊な金物を用い基礎ベースと立ち上がり部を一体成型ができるようになった。

下は打継ぎ部のジャンカ、生コンは一日で打たないとくっ付きません。

次の日に打ってもくっ付きません。

ところが、打ち継ぎ部のジャンカは

僅か数㍉の基礎上塗りで外からは見えなくなる。

 基礎一体打ちESB工法「リソー」の山東氏が福井県から見えて

多くの人が「いい家」を知らない。

知らない人が多すぎますよ…

ハウスメーカーが良くならないと日本の住宅は良くなりませんね

お客様は知名度、ネームバリューに弱いのだから…

山東氏はあったかい家に住みた~いの著者で

「日本住宅新聞」福井県担当者でもある。

また、基礎と鉄筋の専門家で「基礎」だけで3日間でも話ができるそうだ。

その基礎の専門家が大手ハウスメーカーの仕事をしたことがあった、

支給された鉄筋と施工マニアルを見て

こんな鉄筋と施工マニアルでは仕事ができない…というと

現場監督は『マニアル通りにやってくれればいい』

会社が責任をとるのだからそれでいいではないのか。??

今は昔と違ってプールのような基礎を「いい基礎」といいます。

基礎の隙間からはシロアリも入る。基礎に水抜き穴を設けてはなりません。

シロアリはわずか1ミリの隙間があればコンクリートをかじって侵入する。

一体打ち施工現場の動画はこちら基礎一体打ちESB工法

また山東氏はこんな話も

『建主にとっていい工務店とは何か?

それは自分にとって都合のいい工務店。

好きなようにやってくれて「価格」も手頃に合わせてくれる工務店。

いま高級ホテルのようなと表現される快適な住み心地と

健康的な暮らしができるようになった。

住み心地をトコトン追求した体感ハウス」ぜひ"試住"してみて下さい。

 【関連記事】

家の良し悪しは床下で決まる。

いい家を望むなら床下に徹底的にこだわること

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

社長が語る家づくり重要ポイント|基礎

ページトップへ