付加断熱「胴縁」の熱橋に〝注意″

熱橋をご存知ですか? 熱橋とはヒートブリッジ。こちら参照

日経ホームビルダー 2015年3月号より 付加断熱材の「熱橋」を減らす。

断熱材を厚くして、より省エネ性能をアップする付加断熱ですが熱橋に注意!

付加断熱材の胴縁「熱橋」を減らす

サーモカメラに写る胴縁の「熱橋」木は断熱材ではありません。 

木から漏れる熱は家全体で20%になるとも言われる。

大手メーカーの施工を見ると断熱材が縦・横の胴縁(木と木)に挟まれ「熱橋」になっている。

断熱材を木と木の間に挟む施工は熱橋と断熱の気密を無視する簡易施工です。

構造材の内側はそれでも良いが、外側の断熱材を木と木の間に挟むべきではありません

外断熱の気密が落ちると湿気が侵入しグラスウールの付加断熱は湿気を含む

綿状の断熱材はわずか12%の含水率で断熱性能が3分の一に低下します。

とくに北面の壁は日当たり悪く、いつも湿気が籠った状態になり壁内が腐食の恐れも‥

建物を断熱材でスッポリ包み、高気密な施工をすれば熱橋問題は解決します。

大手メーカーは「熱橋」にこれから先もず~っと取り組まないでしょうね。

手間が掛かり過ぎるのです。

下の写真は内断熱でしょうが、外断熱を木と木の間に挟む施工を

「胴縁」が熱橋になるいう意味です、お解りでしょうか?

付加断熱材の「胴縁」に″注意″

【熱橋と気密】は外断熱工法+気密テープで簡単に解決します。

しかし、手が掛かるのが最大のネックで、断熱気密と熱橋は簡略化できません。

それでも弊社は25年間造り続けてきた。

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ