今のところ「涼温な家」だけ…

わが国には、ダクト用エアコンを製造しているメーカーは数社ありますが

それをセンターダクト式の換気システムと組み合わせすことで、

「住み心地がよい家をつくる方法」を提案しているのは、今のところ「涼温な家」だけ

以下「涼温な家」より抜粋

エコ住宅の専門家である東大准教授「前真之」先生の意見です。

エアコンは本来、高効率で設置費用が安く

コストパフォーマンスに優れた冷暖房設備です。

実際、高断熱高気密の家(Q値1.9程度)であれば2~4㌔ワットのエアコンで全館空調ができます。

 ただし

エアコンは吹き出した空気を遠くまで届ける能力がありません。

ダクト付のセントラル空調に対応したコンパクトな容量エアコンが出てくれば

家全体を少ない電力で空調できます。

現状では小さな熱量を効率よく各部屋に分配するダクト式セントラルエアコンがありません。

日本のヒートポンプ特に効率向上に役立つインバーター制御に関しては世界一ですから

そうした方向でもっと製品開発が進めばよいのですが、以上

※インバーター制御とはエアコンの圧縮機をコントロールする省エネ技術

センターダクト式の換気システムと組み合わせすことで、

「住み心地がよい家をつくる方法」を提案しているのは、世界では今のところ「涼温な家」だけす。

 

 

 《SNSもよろしくお願い致します》                     

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ