床下、黙して語らず

「涼温な家」に住む女性スタッフが床下を語っています。

床下は空気がよどみやすく

湿気が溜まる場所だということは、みなさんご存じだと思います。

湿度が高いとカビ・結露・ダニの原因になります。

そんなものの上で生活したくないですよね。

重要なことなんですが、どの住宅メーカーもあまり床下のことには触れていません。

床下の様々な工法による不具合の事例は、インターネット上で沢山見かけまずが、

なぜか社会問題にならないのですね・・・

それを防ぐ方法があるのに、世の中に広まらないので、もどかしさを感じます。

床下換気の様々な工法による不具合の事例

基礎打ち継ぎ部の欠陥

基礎打継ぎ部の欠陥

マスコミは黙して語らず

基礎は下の写真のように打継ぎ部の欠陥は、基礎の上塗り(モルタル)で隠れています。

打継ぎ部は上塗りで見えない

●大手住宅メーカーの基礎現場

基礎に水抜き穴を設けてはならない(赤丸)やがてシロアリの侵入経路になる。

●基礎の打ち継ぎ部を無くせ!水染みのない一体型基礎

新潟地震では、基礎立ち上がり部がズレル事例が多発

床下に湿気を侵入させない防湿基礎

 ●床下に大量結露、家はここから朽ちていく

 

社長が語る家づくり重要ポイント|基礎

ページトップへ