湿度60%を超えると犬がハァハァする

10~20年後の世界の住宅はどうなる?
10~20年後の世界の住宅はどうなる?

松井代表はイギリスを訪問し欧州の住宅事情を視察。

イギリスでは涼温換気に似た空調システムに取り組むメーカーが数社あって研究が進んでいる。

写真は部屋の中央付近に設ける給気システム。

ドイツやアメリカにも輸出し画期的な空調システムとして注目されているそうだ。

それらの製品と比較しても「涼温換気」は申し分なく優れている。

「いい家」が欲しいでは全館空調を否定していたが、

世界の流れは省エネの観点から全館空調が主流になるのかもしれない。

2014年11月末 換気研修 社員7名参加予定

家造りは進化すればするほど難しくなる…

いくら研修を重ねてても「換気」は難しく奥が深い。

知ったつもりの「涼温換気」じつに科学的で奥が深いものである。

「新換気」の小屋裏エアコンで満足していた久保田紀子さんは

松井代表に強く勧められて自宅を「涼温換気」に改修した。

その結果は 思った以上にすばらしい!!

どこからくるかわからない柔らかな冷気、

犬がハァハァしなくなった、

犬は湿度に敏感で湿度60%を超えるとハァハァするらしい…

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ