涼温な家に住んで血圧が下がった

「涼温な家」にお住いの「w」様のお祖母ちゃんは

病院から「もう血圧の薬を飲まなくていいのでは‥」と言われ、喜ばれていますね。

住まいの普遍的価値‥根源的価値は「住み心地」 空気がキレイで健康増進効果のある家。

 利根町「W」様の住み心地感想は こちら

前は布団を何枚も重ねていたのが、羽毛布団1枚あれば十分になりました。

家の中で着る服も変わったんですよ。

重ね着する必要がなくなり、気付けば今まで着ていた厚手のものもいらなくなりました。

家の中が温かいと体温の貯金(貯め)ができるんですよね。

体が急に冷えるということが無いので、外へ出る時も着込まずにそのまま出かけられます。

母のためにも、この家にして本当に良かったです。

以前より体調も良くなってきたようですし、とても喜んでいますよ。

エアコンの風が嫌いなので

前の家では夏場に2階で窓を開け、網戸にして寝ていましたが、

歳を取ると暑さや寒さに鈍感になるから、

もしそのままだったら今年の猛暑続きで危なかったかもしれないですね。

この家は熱中症とは無縁です。

その他、体への影響としては、私も姉も高血圧気味で薬を飲んでいるのですが、

前と比べて血圧が下がりました。

持病の症状も緩和していますし、以前より冬が辛くありません。

姉の花粉症も家の中では症状がとても軽くなりました。

 「毎日が特別になる、優雅なひととき」とは

そこはキレイな空気と健康増進効果のある暖かさではないだろうか

 

 

 

 

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ