2010年9月、家が呼吸を始めた

" 家が呼吸" を始めた。

龍ヶ崎体感ハウスの新換気リフォームが終了して” 家が呼吸” を始めた。

人が呼吸をするとは酸素を吸って二 酸化炭素を吐くことだが

新換気の家は人の汚した二酸化炭素を吐き出し

新鮮な酸素を取り入れる

換気フィルターが人の肺の役割で

熱交換素子が 温度湿度を適度にする鼻にも似ている。 

センターシャフトから吹き出す新鮮空気をみていると

「家が呼吸を始めた …この表現がピッタリだ。

床下や構造内部が計量的にしっか通気される、写真は床下収納庫のスノコ

床下収納庫のスノコ

近頃、 お客様からいろいろと教えられことが多いのだが、

たぶん、お客様がご存じないのは

換気通風この言葉の使い方をハッキリ区別できていない‥?

通風とは窓からの通気、空気の流れ、換気とは室内の「空気の入れ替え」酸素の供給です。

通風による換気は窓開け換気、汚れや臭いが強ければ窓を開ければいい。

但しキレイに見えても外気は汚れています。

換気フィルターの色が真っ黒に汚れる、車のマフラー内部の色と同じです。

床下や構造内 の通気は自然通気か機械による通気かどちらかで行う、

通気で換気すると言えば!? やっぱりややこしいか ‥

 

 

<他の関連記事>

*憧れは「涼温な家」のランドリールーム

*「涼温な家」で秋刀魚を焼いてみた。臭いは・・・?

*家が「呼吸」をし始めた

*建てた後に気づいても「遅い」ものを見分ける

 

 

 

 

《SNSもよろしくお願い致します》                     

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ