高級ホテルのような空気と居住空間

住み心地一番
センターダクト換気・涼温な家は高級ホテルのような空気質と居住空間を可能にします。

涼温換気 SA-SHEの家

以下[換気研修]より 

臭いはどこへでも行く

センターダクト換気の特徴は換気経路の短さにあって

スピ−ディーに汚染物質や嫌な臭いを排気します。

換気回数が1.0以上でも、目に見えず、風量を肌に感じず

速やかに汚染空気を排出できる。今までにない画期的な換気システムです。

部屋の隅にある排気口がより効果を発揮しているのではないか‥

涼温の家は換気とダクトエアコンが合体し

高級ホテルのような空気質と居住空間を可能にします。

ホテルのようなとイメージされる高級ホテルでは

空間はいわば汚染源別に明確に分離されており、

それぞれに適した空調系統と大規模で精巧な設備が組まれています。

汚染の種類に対応させた空気がデザインされているといってもよいです。

そこでは、

センターダクト換気と同じように発生した汚染はその場で排気され

他の空間に流れ込むことは原則的にありません。

つまり汚染空気は混合されずに汚染の特性を維持したまま清浄処理されることになります。

逆にいえば、
汚染空気を混合せずに、単一な汚れた空気であるからこそ、

還気で戻ってきた汚染空気を容易に処理することができるのです。

センターシャフトは給気に注意を向けられるが排気(リターン)がスムーズでないと

「住み心地一番SA‐SHEの家」にはならないのです。

センターダクト換気は、排気(還気)を汚染源の近くに設置して、

汚染空気が拡散しないことを特徴としています。

その為に給気は家の中央(区分された対象空間)の中央に供給され

給気口と還気口の距離は短く

また供給される新鮮な空気は複数の汚染源を通らないように計画されることが原則です。

 

さらに「いい家」をを求めて より抜粋

住む人の幸せを心から願うのであれば、正直という工法以外に採るべき方法はない。

となれば「換気」と真正面から取り組むべきだ。

死ぬ三日前まで、自分の力でトイレに行ける家を造ろう。

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントのご案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な住いの情報をお送り致します。

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ