10項目ある性能表示のなかで唯一、未解決な空気環境‥

住宅性能表示は耐震性など10項目の基準が設けられています。

そのなかで大手住宅メーカーもどこも、できそうでできない未解決な問題とは? 

空気環境『室内の埃』ハウスダストとキレイな空気

その他の性能表示はやろうと思えば誰でもできる。

室内のハウスダストはカビ菌、ダニの糞、ウイルス、臭い、など

健康にとんでもない悪さをしているというのに‥

どこもできそうでできないその理由とは‥? 以下、久保田紀子著 さらに「いい家」を求めて。より

きれいな空気を24時間『保証』してくれますか?

住み心地の悪さは仕方がないとして、健康被害は我慢することではない。

あなたは依頼先にこう問うべきである。きれいな空気を『24時間保障」してくれますか? 

その保障に納得が得られないでは、家造りをスタートするべきではない。以上

大手住宅メーカーも換気不良を知りつつも、ダクト工事に真正面から取り組めないでいる‥のだそうだ。

下の写真を見ればわかるように天井裏は狭い。

給気と排気の両方のダクトとなるとどうしてもゴチャゴチャになる

かといってダクトを使用しないノンダクト換気は基本的にワンルーム用

所詮はシングルルーム用であり家全体を計画換気できるしろものではありません。

【関連記事】

●設置したら最後、比較できない24時間換気…ここが問題

●長年続いた原因不明の咳は家のせい?

●テレビCMで空気がキレイな家‥ホント??

●換気の風量不足が続出、換気トラブル特集

◆住宅設備のなかでも換気システムだけは桁違いに重要で、換気トラブルは健康に直結です‥!

天井裏や壁の中は狭すぎるのです。

イギリスには狭い壁内を通す扁平なダクトもある。

天井裏の断熱材と換気ダクト

居室も壁内も天井裏も床下にも新鮮空気を給気するには

建物と一体でダクトスペースを確保せざるを得ないのです。

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ