室内で凍死!?低体温が中高年を襲う

室温と布団の中の温度差は“危険”

室内で凍死!?低体温が中高年を襲う

10℃以下の寒い部屋で寝ていた場合、呼吸によって内臓が直接冷やされ、

体温が35℃台まで低下してしまうことも‥!

以下 2010年2月放送、ためしてガッテンより。

『寝室の温度10℃、室内で凍死!? 布団の中のぽかぽか温度が危険!!

たかが1~2℃の低下で・・・身も凍る事実。

平熱がちょっと低めなんて笑っていられない1℃が生死の別れ道。

低体温の真の恐ろしさが判明。

熱が出ると心配する人が多い反面、

体温が1-2℃低いからと気にする人は少ないですよね。

しかし最近の研究で、わずか1.5℃の体温低下が

免疫機能の低下を引き起こし感染症を増加させるだけでなく

重篤(じゅうとく)な心臓疾患のリスクを2~3倍に上げることがわかってきました。

体温が下がる時間帯ほど、突然死が増えているのです。

特に自覚せずに低体温に陥りやすいのが睡眠時。

暖かい布団で眠っていたとしても、

10℃以下の寒い部屋で寝ていた場合

呼吸によって内臓が直接冷やされ、体温が35℃台まで低下してしまうことも!

このように体温が下がってしまうと、寝ている間に突然死する。

いわば「ぽかぽか布団の中で凍死」のようなケースに陥る可能性があるのです。』 

以上

涼温な家は「薄い掛け布団」一枚で夏冬兼用になります。

体感ハウスでは少し厚めの掛け布団と、薄い布団を購入してみたが

厚めの布団は使用することがないので処分‥‥

冬、パジャマ姿でどこへ行っても温度差がなく暖かい家。

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ