吹き付け断熱のデメリットとシロアリ被害

吹き付け断熱の気密性は外断熱に比べ30%落ちるとも、季節によって断熱性能が変わるともいわれ、

見た目ほど断熱性は良くありません

吹き付け断熱のシロアリ被害日経ホームビルダーより

吹き付け断熱によるシロアリの被害

バルコニーの下部がほとんどヤマトシロアリの巣になり、完全に消失していた。

断熱材を撤去すると外壁の下地板にも被害が見られ、シロアリが走り回っていた以上

吹き付け断熱材の合板にカビ、断熱材を落とす作業が大変だったそうだ‥! 

木に断熱材を吹き付けると木が死んでしまうよという声も。

関連記事

●住み心地の悪い原因はここにあったのかな?

吹き付け断熱の家を築20年後にリフォーム、ココ参照

ご存じでしょうか?

●日本の断熱・気密性能は先進国で最低水準

欧州では結露が起きると施工者は責任を問われる。つまり結露が生じない「気密・断熱性能」が要求される。

 では、外断熱工法の家、デメリットは 弱点は基礎のシロアリ対策

薬剤を使用しない物理防蟻の技術がなければ基礎外断熱をしてはなりません。

ところで、薬剤を使用しない「物理防蟻」ご存じでしょうか?

いま薬剤を使用しなくも完璧にシロアリ侵入を防ぎ、シロアリ被害を防げます。

どんなに研究熱心な人でもシロアリと換気(キレイな空気)で失敗するので注意‥!

ホウ酸入りでも、スタイロフォームATなど、どんな薬剤でも効力の切れる頃、

シロアリ蝕害を受けます。

 下の写真は試験的に薬剤を使用してみた体感ハウス、でるべくして出たシロアリ

基礎断熱のシロアリ蟻道。羽アリが飛んだら、その付近をチェックすれば蟻道が見つかる。

吹き付け断熱によるシロアリの被害

 

シロアリは玄関から入る。

シロアリ侵入経路は玄関タイルの土間コンクリートの下

●『防湿基礎』とは水染みのないプールのような基礎

シロアリ対策は水浸みのない基礎、?従来の基礎は長雨が続くと水染みがある。

これまでの基礎は基礎2回打ちと言い、下のイラストように緑色の基礎底盤と青色の立ち上がり部は

鉄筋とくっ付いているだけで、コンクリートはくっ付いていません。

そのために水染みがあり、横からの力にも弱い!

シロアリは玄関から入る。シロアリ侵入経路は玄関タイルの下

基礎打ち継ぎ部はシロアリの隠れた侵入経路

●基礎一体打ち工法ってどんな工法

白蟻物理防蟻と基礎断熱

シロアリ薬剤の危険

シロアリ薬剤本当の危険とは? 他の化学物質と白蟻薬剤との長期間の複合摂取

複合接種なので薬剤単独でその危険性を判別することができません。

高気密高断熱な家が中気密だった‥残念で残念で

たちなおれません

断熱材と気密は一対のもの、高気密は手間が掛かるが、中気密であってはなりません。

●長期優良住宅の『敵』それは壁内結露

大手住宅メーカーを含め、多くの造り手は壁内の湿気を排出する考えが低い‥


●テレビCMで空気がキレイな家・・ホント??

空気がキレイは保障』されなければなりません!キレイな空気を24時間保証できますか?

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ