設計

良し悪しを理解して設計する

注文住宅を建てるにあたって完成度を大きく左右するのが『設計』です。

ただし誰もが憧れる素敵な外観・内観も、ただデザインだけにこだわってしまうと住み心地に関わることもあります。

吹き抜け

広告やカタログに載った写真を見て、「開放感のあるリビング・ダイニングにしたいけれどどうしようか?」「吹き抜けがあると格好良いかな?」と考えることが多いと思います。

吹き抜け

確かに吹き抜けをつくると空間が抜けて見た目に良いのですが、以下のことを理解しておかなければなりません。

  •  空気の温熱調節に時間がかかる

暖かい空気は上にのぼりやすく冷たい空気は下に降りてきやすいので、天井が高いと、それだけ部屋全体を均一な快適温度にコントロールすることが難しくなります。夏の暑さ・冬の寒さから解放されたいという欲求とは逆行する間取りでもあるのです。

涼温換気SA-SHEの家のエアコンであったとしても、吹き抜けになっていることで効率は下がってしまうのが事実です。

 

  • 梁の掃除の手間がかかる

吹き抜けを作ることは、自ずとその部分の強度が下がることでもあり、梁などで補強を施さなければなりません。その梁ですが、高いところにつけるので簡単には手の届かない位置になってしまうことがあります。

そのままだと埃がたまりますし、掃除するとなるとかなり柄の長いもので作業するようになります。そのため、上階部分から簡単に掃除ができる設計の工夫をすることも頭に入れておきたいポイントです。

 

 

 「窓」については特に注意しなくてはなりません。リビングに多い掃き出し窓など、大きさも含めて悩まれる方は多いと思います。

窓

メリットに対してデメリットも多いのがこの「窓」の問題ですので、以下のことを認識しておく必要があります。

  • 断熱効果を下げる要因となる

 省エネ・ゼロエネ住宅を実現させるために必要不可欠なのが高気密・高断熱であることですが、構造体によりそれらをいくら高めたとしても、窓によって必ずそこから熱損失が生まれてしまいます。

窓が大きければ大きいほど熱損失も大きく、夏は涼しくした部屋の空気が触れ外へ逃げてしまい、冬は外の冷たい空気が触れ部屋の中に伝わってくるということになるのです。

当然その分エアコンを稼働していても「涼しくなりにくい」「温まりにくい」ということになり、省エネ・ゼロエネに逆行することになります。

 

  •  向きによっては快適性を妨げる

「明るい我が家にしたい」と窓を多くつけようと思うかもしれません。部屋が暗くならぬよう小窓を考えたり、景観を重視してつけることも考えられます。 

しかし、例えば西側に窓をつけた場合、季節によって時間帯によって想像以上の強い光が入ってくることも考えられます。リビングのくつろぐ場所に差し込んでくるなどすると眩しく不快で、結局その窓はいつもカーテンやブラインドを閉めっぱなし・・ということにもなりかねません。

 

外断熱・涼温換気 SA-SHEの家

体感ハウスで住みここちを確かめたい方

ただいま建築中の様子

社長ブログ

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な住いの情報をお送り致します。

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

主婦の語る豆知識ライブラリー|主婦が語る簡単「家」知識

ページトップへ