空気が重いと感じるのは「絶対湿度」内外差6g

絶対湿度は重いほうから低いほうに流れます。

「涼温な家」 

以下涼温な家より

絶対湿度とサラサラ感

涼しいのだが、体感ハウスとはサラサラ感が違う。

女房が、このところなんだか空気が重い感じがすると言う。

温度は、27.2度、湿度62.3%。まあまあの状態なのに

そこで絶対湿度を測った。

すると14.2g。外を測ると温度28.1度、湿度81.3%。

絶対湿度は19.5gもある

内外の差が5.3g。これは凄いと自画自賛したくなるところだが

ここで久保田さんに電話して絶対湿度を測ってもらった。

すると温度26.4度、湿度52.6%、絶対湿度11.1g

サラサラしてとても快適だとのこと。

私は、再度体感ハウスに向かった。測定してみると

温度26.2度、湿度51.2%絶対湿度10.8g。

こちらもサラサラ感は申し分がない。

これですべて「ガッテン」した。

わが家の気密性能の悪さが原因なのだ。

弊社の平均C値0.3?/前後であるが、自宅は10倍もある。

内外の絶対湿度に6g以上も差が生じると湿気が生じてくるのはどうしようもない。

その分サラサラ感が薄れてしまうのは当然である。

外の絶対湿度が15g前後の時は、わが家でもサラサラ感を十分満足。

しかし、20gを超えてくるとそうはいかなくなる。』

以上

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ