造り手と住む人と感動の「共創」 決しては高い目標ではない。。

龍ヶ崎体感ハウスは
SC工法⇒
アルデ第三種換気⇒
カナダの全熱交換換気⇒
《特許》涼温換気
CS-HEVと、
住み心地の検証を繰り返して9
年目になる。

その住み心地は「センターダクト」になって大きく変わった。

龍ヶ崎体感ハウスはここ
12年で一気に進化して
住み心地の保障、お客様との「感動の共創」は
決して高い目標ではなく、現実的なものになってきた。

写真は水戸体感ハウスのセンターダクト
水戸体感ハウスのセンターダクト

ダクトの太い径と・・細い径の違いは想像以上です‥

気流を感じさせない大風量が各部屋の温度を均一にし、
どこからくるかわからない柔らかな冷気、涼温、涼房。

久保田紀子さんは
《犬がハァハァしなくなった、
犬は湿度に敏感で湿度60%を超えるとハァハァするらしい…》
涼温換気は直感で「いい」だけでなく理論的・科学的な裏付けがある。
理論的・科学的かつ直観でワクワクするほどい
涼温換気は直感で「いい」だけでなく理論的・科学的な裏付けがある

「エコハウスのウソ」から、抜粋

空気は「あたりが弱い」
《空気はゆめゆめ「熱」をせっせとやり取りしてくれると思うなかれ 。

空気は当たりが弱いだけではない。

運べる熱量もごく限られている。
つまり「パス」もうまくない。
よって、
空気で熱をキチンと伝えるためにはへたなパスも数撃てばということで、
非常に大きな風量が必要になる。

空気を遠くまで送り込
むのであれば、
ファンとダクトを用いて強制的に送り込むのが一番確実である。

住戸全体に空気を循環させる空気暖房は難易度が高いので、
実績ある専門業者に任せるのが必要である。》

涼温な家は「SC工法」と基本構造は同じ‥
SCの家が涼温換気を設置するだけで、
見違えるように住み心地が改善します。
 

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ