松井代表・久保田紀子さんセミナー終了して

松井代表と久保田さんセミナー、今年は水戸市で開催。
毎回感動し大きなヒントをもらいますが、なんと言っても ありがたいのは出席されたお客様が満足してお帰りになること‥感謝です。

お二人には心からお礼を申し上げます。
今年の講演は経営者として教えられることが多かった。
本の冒頭に <構造、断熱・換気の方法、依頼先。という 3 つの選択、このどれかひとつでも誤ったら絶対に「いい家」にたどり着かないという法則>と書かれています。

その依頼先‥依頼先が重要だと言われた。では依頼先の選択が正しかったかどうか、お客様はいつ知るのだろうか 、完成後~亡くなる3日前? それは完成後のアフターフォローをしっかりできたかに掛かっています。
工務店は生涯「愚直なまでのサービスに徹しなければならない
大手ハウスメーカーがエコを隠れ蓑に消費者を欺く姿勢は許せない

「S」ハウスは悪徳業者だ‥ 松井代表は大手メーカーの欠陥を実名で指摘します。
マツミの勉強会にはそんなメーカーで建てた人が必ずいて、恐い顔で睨まれと恐怖を感じるそうです。
そしてその人は「その通りなんだよ ‥」今の住まいが指摘どおりなので身に詰まされるのでしょう。
<鉄骨プレハブが震災後に受注好調なのはおかしい‥ 
鉄骨プレハブは倉庫で使用してたもの、 熱伝導が高い鉄骨構造は住まいに使用すべきではない>

セミナー参加のお客様のなかにも「鉄」に詳しい方がいて「住宅の構造に鉄を使用するなど50~100年早い、鉄骨は錆や結露だけが問題ではない」

久保田紀子さんは<節電15%でも換気だけは止めたくない ‥
実験的に新換気を止めたら2日と持たなかった。
ペット( 犬) の臭いが消えないし、息子の部屋などは強烈なニオイになる>
コップの水が埃で汚れても水を飲まずに済みますが、
室内空気の汚れは呼吸を止められません。
一般の人は新換気の給気口( 吹き出し口) から真の新鮮空気が吹き出すのをご存じないでしょう
が。
給気口のプレフィターが9ヶ月経過しても汚れない‥これは驚異。

換気メーカーの標準装置は新鮮空気と言いつつも給気口周辺は必ず汚れる。

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ