断熱材と断熱材の接続部‥隙間を知る

大手ハウスメーカーのダブル断熱のイラスト

大手ハウスメーカーのダブル断熱のイラスト

50㎜断熱材と断熱材の接点がどうなっているか‥

外断熱と外断熱の接続部、壁パネルの接続部を知るべきです。

EPS:50㎜断熱材とは

1階の床や壁の断熱材にも、しっかりと防蟻効果を施しています

断熱材を押し込むだけでは気密がとれません。

イラストと実際の施工とは大きなギャップがある。

断熱材を押し込むだけでは気密がとれません

大手ハウスメーカーの外観は良くなった。でも問題は壁のなかの断熱の気密と熱橋

問題は壁のなかの断熱の気密と熱橋

弊社は高気密・高断熱の家を始めた23年前から

ずっと断熱材の気密性を検証してきた。

壁断熱パネルもSW工法・HP工法などいくつも試みた

だがどれもこれも気密性能が落ちる。

そこがどうしても簡略化できないのです。

断熱パネルは地震を繰り返すうちに隙間が広がり
龍ヶ崎事務所は外壁を2回塗り替えた。

いまのところ断熱材と断熱材の接点は「気密テープ処理」に勝るものがありません。

3.11の震災でもテープ剥離がみられなかった。

省エネ4冠達成とはいえ
『27度ですよ‥27度、床暖房を27度に設定しても室内の温度20度にしかならないの‥』

私は寒いの‥!築6年○○工務店の豪邸に住むおばあちゃんの話。

接続部の隙間と熱橋(ヒートブリッジ)を知ってください

柱や断熱材の隙間から外壁を透過して漏れ出す熱は驚くばかりである。

接続部の隙間と熱橋(ヒートブリッジ)を知ってください
接続部の隙間と熱橋(ヒートブリッジ)を知ってください

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ