換気ダクトの汚れ「ネック」はフィルターの隙間?

換気システムの「キレイな空気」の吹き出し口を給気口という

大手ハウスメーカーのカタログにも換気メーカーのカタログにも

《50年分のホコリを通過させたあとのダクト内部はほとんど汚れがありません。

新しいフィルターと取り換えるだけでOKです》とある。

ダクト内部の汚れについては「そんなに汚れません…」と写真を見せながら説明をする。

ダクト内部はフィルターをいくら頻繁に取り換えても必ず汚れます。  

ダクト内部が特殊加工されて汚れが付着しにくいとしても、いつか必ず汚れる。

仮に汚れないとしても

換気フィルターBOXを通過した外気が新鮮な「清浄空気」ではありません。なぜか?

ネックは下の写真のようにフィルター接続部の「隙間

この隙間から外気がそのままダクト内部へと侵入してしまう。

給気ダクト内部の汚れは隙間がネック

フィルターを通過し「キレイな空気」が吹き出している筈の給気口

給気口に白いハンカチかエアコンフィルターでも付けておくと解りますよ‥

給気口に付けたフィルターが1年後は真っ黒に汚れる。

下の写真は給気口に付けたエアコンのフィルター、黒い色は排ガス・PM2.5を含む。

涼温換気は外気取り入れ口のフィルター(祖塵フィルター)が袋フィルターがになってる。



もしも、換気メーカー標準品の「防虫フィルター」だったら? 

密着性能が悪く「隙間」ができる。

フィルターBOXの最重要部は緑色の「ゴム」で密封される連結部

同じように一般的な換気システムに袋フィルターをつけたら‥どうなる?

風量はとんでもなく落ちてしまう。

キレイな空気は空気抵抗との戦いである。

キレイな空気は圧損の大きな袋フィルターでも風量が落ちない

太いセンターダクトがあればこそなのです。

センターダクトは他社にはゼッタイに真似のできない画期的な給気ダクトなのです。

以下、「スウェーデン建築評議会出版」翻訳本『住宅と健康』より。

フィルターについて‥

フィルターは、空気流動に抵抗を起こすので、
ダクトとの連結部が完全に密閉されていることが重要だ。

細長いゴム片はこの目的のために有効である。
が、不注意に取り付けられれると、ねじれたり間違った場所に納まってしまったりする。

そうすると空気はフィルターを通してではなくフィルター以外から漏れて抜けてしまう 。

 

 

  

 

 《SNSもよろしくお願い致します》                     

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ