体調不良は化学物質過敏症を疑え

化学物質化敏症

原因不明の体調不良は、化学物質化敏症、シックハウス症候群を疑え!
石川哲、宮田幹夫著より抜粋

『除草剤やある種のシロアリ駆除剤のそばで寝かせておいた子供に

悪性リンパ腫がでてきた例などの報告があります。

しかしその因果関係を科学的に完全に証明することは困難です。

それは出たり入ったりする微量な化学物質と関係する症例では、

血液中から原因となる化学物質の原体を検出すること自体が不可能です。

まして複合汚染から起きていたらますます証明は不可能です。

それでも現実はこのような微量な環境汚染物質で不健康状態とか、

半病人のような問題が間違いなく起きており、また将来はさらに増えてきます。

シロアリ駆除剤や可塑剤のような有機リン化合物の基準値はまだまだ出来ていません、

しかし現実の防虫加工畳には有機リン系の殺虫剤がしみこませてあり

その濃度は殺虫剤散布畑の20倍の濃度に達していると言われています。

室内空気汚染については今後どのような基準値が出来ても

換気を良くしない限り、室内空気の建常性は保てません。』以上

住宅が高気密化したいま、換気に関心をもたず新築したら失敗 しただけでは済みません。

アメリカの住宅の三軒に一軒は、何らかのシックハウス症候群を抱えているという。

日本でも約1割以上の人が化学物質過敏症と考えられます。

しかし極めて微量な化学物質による健康障害のため、他の病名を付けられた人や、

かなりの潜在患者・予備軍がいると思われます。

また、この本では以下のことを訴えています。

シックハウス症候群、そのうちの70%が女性。家屋は換気が最重要課題です。

人間の肺を、空気清浄機として使用しないでください! 

消臭剤・防虫剤・芳香剤も化学物質として働くので十分注意するようにして下さい。

特に寝室は長時間密室になりやすいので、出来るだけ換気を考えてください。

以上

NHKラジオ深夜便、化学物質過敏症の<日野美奈さん闘いの日々>より

化学物質過敏症患者は周囲の人に理解されないことから、

精神的に追い詰められるケースが多いと言います。

治療できる病院もなく医者もわかってくれない。あるいは、

医者から精神的なものだと罵声を浴びせられたと言うケースもあるようです。

気のせい、精神的な病気だと決めつけられるのは辛いことです。

世の中に散乱している化学物質の数々…微量な化学物質からも逃げ惑う日々

「望まない引きこもり人生」を強いられている場合もあります。

日野さんは東京に上京し、北里病院研究所でりっぱな化学物質過敏症だと診断されたそうです。

診断結果を聞いてガッカリするどころか、病名が分かってホッとしたといいます。

頭痛や吐き気等のアレルギー症状を起こさせる化学物質は、

室内空気の中に存在しているのです。環境汚染の海の中で暮らす現代人は

私も? あなたも?と疑ってみる必要があります。

人は1 日に約 20 キログラム近くの空気を取り込みます

人は1 日に約 20 キログラム近くの空気を取り込みます。

(ドラム缶50本の量)そして肝臓を通って解毒される食物と異なり、

肺から吸収された化学物質は直接血液に溶け込みます。

また一部の化学物質は臭神経を通って直接脳にも運ばれます。

子供の脳を蝕む白蟻薬剤などの記事にもあるように、化学物質は直接脳にも影響するのです。

 関連記事

●涼温換気は風量が最大のポイント

●室内空気汚染を直視する‥

●本格的な換気は化学物質の総量を『希釈』する。

自然素材やイージーな換気装置にこの機能はありません。

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

主婦の語る豆知識ライブラリー|健康のこと

ページトップへ