弊社のパイプファン換気体験

10年ほど前、龍ヶ崎事務所の小屋裏に壁用換気扇(パイプファン)を付けてみたのですが、それがなぜかほとんど効果がありませんでした。天窓は熱気も湿気も見事に排気するのに壁用換気扇は全く役立たずだったのです。

壁用のファンは勢いよく回っているだけで排気されてると思い込みやすいのですが
空気は軽そうで重いのです。
例えば空気の重さが水の千倍と聞いてもピンときませんが、水の重さは10cm×10cm×10cm 立方体が1キロ、空気1m×1m×1m が同じ1キロなのです。

?パイプファン換気とは、トイレや洗面所、浴室などに外壁を貫通してつける小型換気扇”
給気排気のバランスをとれば多少有効のようですが、ただ回っているだけのノンダクト換気に疑問をもつ人は多いと思います。

「パイプファン換気を国が認めるのはおかしい」換気メーカー担当者がふと洩らした言葉です。

大手換気メーカーで開発に携わる技術者は、「パイプファンは換気していない。メーカーは売れるものを造ります…パイプファン換気を造るけれど勧めない、ダクト換気を勧めます。」というのだから、そのパイプファン換気はいずれ社会問題になるでしょう。

 

 涼温換気システムになった竜ヶ崎体感ハウスの小屋裏

写真は涼温換気システムになった竜ヶ崎体感ハウスの小屋裏です。
窓のない小屋裏部屋は暖冷房効果がいいので、 建物の大きさ・開口部(窓)と通風計画にもよりますが、涼温換気SA-SHEの家では小屋裏エアコン一台で快適な暮らしを可能にします。書斎としても最適ですね。

もしもこの狭い空間が換気されないとしたら‥30分もすると息苦しさを感じるでしょう。涼温換気は隅々まで確実に“換気”します。

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントのご案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な住いの情報をお送り致します。

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ