C値(隙間相当面積)が削除された理由は?

換気システムと高気密は車の両輪、換気と高気密はゼッタイ条件にも拘らず、

なぜか、平成21年の改正省エネ法で高気密の目標値であったC値(隙間相当面積)基準が削除された。

なぜ、建物の「気密性」を問わなくても良くなったのか ?

気密を問わない建物は、計画通りに空気は動かずただ回っているだけの名ばかり換気となってしまう。

以下、「涼温な家」より抜粋

『断熱と気密とは一対の関係であり、気密と機械換気も一対に考えるべきものです。

住み心地のレベルは、数値やグラフでは表現できないとしても

気密測定の数値で推察することができます。

数値が良いということは、住み心地を良くするための絶対条件であるとともに

大工・職人の心意気が立派だということでもあります。』以上

上記の意味がお解りでしょうか?

気密の数値がいいということは大工・職人の心意気が

立派だということ。外壁を張るとすべてが見えなくなりますが

換気と気密と断熱材とすべてが一対のもの。いずれは必ず評価されます。


以下は某工務店経営者の記事。より抜粋

『次世代基準で定めるC値はかなり甘いものでした。

 それでも、この基準すらクリアーできない業者がたくさんいました。

 ”高性能”を標榜する大手ハウスメーカーも、

 C値は熱心な中小業者の足元にも及ばなかったんです。

 それで、目障りだから撤廃しちゃたわけ?

 【C値が良い家=高性能住宅】っていう図式になるのが嫌だったわけ?

 でもこう書いてあるよね?

 1.室内に直接侵入する隙間風の防止による暖冷房負荷の低減

 2.断熱材の断熱効果の補完

 3.的確な計画換気の実現

 そうです、それがC値の良い家にする目的です。

 それなら”決まり”はちゃ~んと守ってね!

 第3種換気でこの目的を達成するには C値=0.5以下 が理想的――

 第1種換気なら C値=0.3以下 ――

 これくらいのC値じゃないと省エネ住宅は砂上の楼閣。

 悔しくっても、

大手ハウスメーカーには絶対に出せない性能です。』以上

大手ハウスメーカーでも気密測定検査をするところもあるが

一般の人はどんな気密処理をしているのか、その良し悪しを判断することはムリ。

そして気密の耐久性は?

気密性能は地震が繰り返しても、破れない処理をしてこそ高気密高断熱の家」になる。

高気密は正直な造り手による「現場の良心」に託されるのです。

一般の人は高気密性能の要となる、「気密テープ」をご存じないでしょうが

気密テープは地震に強い弾力性のあるものも併用しなければなりません。

水戸体感ハウスの女性スタッフは

つい先日テレビで「高断熱、高気密、空気が心地いい」

というキャッチコピーをいう ハウスメーカーのCMを見ました。

日ごろ、私達がこの体感ハウスで感じ、

皆さまにお伝えしている言葉と全く同じだったのでふと耳を奪われました‥‥

テレビCMで室内空気について何を言ってもなぜ‥?なぜ問題にならないのか

シャープのプラズマクラスターが2012年 その効果なし…

消費者庁から「景品表示法違反」この事実を知る人がどれだけいるのだろうか ?

試しに「高断熱高気密、空気が心地いい」という大手ハウスメーカーの換気装置

その空気の吹き出し口にフィルターを2週間でいい、付けてみるといいです‥

黒く汚れるハズ。

C値(隙間相当面積)が削除された理由は?

空気が心地いい‥!と言ってもキレイな空気とは限りません。

暮らしを変える「空気質」全くその通りなのですが、しかしその実態は?

空気と換気で同じ失敗を繰り返さないように、我が20年の換気体験記を参考。

センターダクトから吹き出す「給気ダクト」が4年経過してもほとんど汚れないなど。

とんでもなく高い技術なのです

 

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ