換気ダクトは必ず汚れる 換気システムの汚れる原因を知る。

換気システムのダクトは必ず汚れます。

ダクト内部はフィルターをいくら頻繁に取り換えても必ず汚れます。

換気ダクト内部は汚れ防止にコーティング処理され、埃が付着しにくくても、

吹き出す空気は汚れています。吹き出し口に付けたプレフィルター

一年放置すると真っ黒に汚れます。

換気ダクトは必ず汚れる 汚れの原因を知る

換気メーカーのカタログには『50年分のホコリを通過させたあとのダクト内部。

ほとんど汚れがありません。 新しいフィルターと取り換えるだけでOKです』とある。

これはとんでもないゴマカシ。換気メーカーを訪問した数年後に気付いた‥

換気メーカーの担当者はダクト内部が汚れていなくても、吹き出す空気が汚れることを承知していたハズ‥!

それなのにダクトのキレイさを強調し、吹き出す空気について一切触れなかった。

空気の汚れはフィルターの接続部(丸印)フィルターのスライドする隙間が問題であって

換気ダクトは必ず汚れる 汚れの原因を知る

これは、どこの換気メーカーでも未解決なネックとなっている。

なので、換気メーカーの綺麗過ぎるイラストの「換気シミュレーション」がどの程度の空気なのか? 

知られては困る大きな何かが隠されている。メーカーは人のためになる物を創るけれど‥

売れるものなら何でも造ります。下の写真は一般的な第一種換気システム、『お施主様から頂いたフィルター』

たった2ヶ月で真っ黒に汚れた。換気システムから吹き出す空気(給気)

ここで問題は排気」のフィルターではなく、吹出し口(給気)のフィルターだということ。

室内に吹き出すの空気が汚れていることが問題なのです。

虫や何やらで汚れたフィルターを「ポイ捨て」できる涼温換気の青色の袋フィルター。

初めてこの袋フィルターをみたとき涼温換気を国内NO1だと確信できた。なぜなら

このフィルター取付部の隙間についてスウェーデン発行の翻訳本「住宅と健康」を読み、

フィルター取付部の重要性を知識としては知っていた。

小さな隙間はどんなグレードの高いフィルターでも無意味にしてしまう‥と書かれている。

フィルタ―4枚でも風量を維持できる太いセンターシャフト

この価値を是非理解して欲しいものです。

今の外気はフィルター1~2枚では吹き出す空気はキレイになりません。

フィルター数枚を通過しないとキレイな空気になりません。

もし一般的な換気システムのフィルタ―BOXに「袋」をつけたとすると

風量はとんでもなく落ちる。それでなくてもダクトの曲がりで風量は相当に落ちている。

250㎜の太いダクトでさえ、直角曲がり一ヵ所で空気抵抗は43倍になる

給気ダクトは一直線で垂直で太くなければなりません。

茨城の家「注文住宅」

雑誌担当者は一般の人がこの本を見ても「吉建の家」を理解できないだろうと言う。

普通の人は建物の「構造」すら理解できていないですよ…!

消費者は「構造」すら解っていない‥と話す雑誌担当者。

家造りの正しい情報が一般の人に広まったとしたら‥? どこが困るのでしょうか?


「茨城の家」雑誌掲載の打ち合わせ

10年過ぎて屋根を開けたら9割超が結露による腐食で劣化している。

10年過ぎたら屋根の下地はブカブカだよ‥とは屋根リフォームの多い大工さんの話

こうならないように屋根には通気層を設け、屋根断熱を完璧にします。

「高気密高断熱の家」は屋根も壁も基礎も外断熱が重要で、

ここさえ手抜きしなければ

建物は設備機器の進化とともにいくらでも性能upします。と説明しても、

この意味を普通の人は理解できないだろうというのです

住宅雑誌は書いてはならない制約が多過ぎて、正しい情報を訴えることができません。

他社の誹謗中傷ばかりしたくありませんが、近所で良く見かける〇〇工務店の建物。

70年持続するという薬剤処理された構造材。これだけは納得できませんね

換気ダクトは必ず汚れる 汚れの原因を知る

(注)シロアリ薬剤の危険他の化学物質との『長期複合接種

複合接種なので、薬剤単独でその因果関係を証明するすることは困難だとされている。

しかし‥原因不明の体調不良は化学物質化敏症を疑え!

住宅は売れれば良しとする原始的欲望を抑えて下さい。石川哲、宮田幹夫著より

co_mame/Xxt20120426062706-627.html

 

 

《SNSもよろしくお願い致します》                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

LINE@はコチラへ

 

 

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ