老後を支える一番確かなもの 

福島県いわき市でプラン作成中。勿来駅から車で15分ほど

勿来の関 

『吹く風を 勿来の関と思へども 道を背に散る山桜かな』

老後を支える一番確かなもの

自動生成された代替テキスト: 
0 第 ~ 
0 も 
11 を を 「 
一 2 ⑨ ー

お客様は「新築そっくりさん」でも検討されていたようですが

やらなくてよかったですね~

追加工事がやたら多くて、「建て替え」すべきだったと反省する人が多いそうです。。

奥様は、暖かくて快適な家に住んだら身体がなまってしまいませんか?とのご質問…

「逆」ですね、住まいを変えないと医者でも治せない病気があって

厚手のカーテンに変えただけでも急激に良くなる高齢者がいる。

老後を支えてくれる一番確かなもの  以下「涼温な家」より抜粋

65歳以上の人口は、すでに3000万人を超えていて、2025年には実に国民の3人に1人が

高齢者になることがはっきりしてきています。

これから建てる家の必須のテーマは「老後を支えてくれる一番確かなもの」としての

住まい造りです。

国民にとって65歳を過ぎたら、いかにして健康寿命を延ばすかが最重要課題となるのです。

となると、これから建てる家の役割は健康維持・増進に役立つものであるということでなければなりません。

求めるべきは、家中どこにも快適差がなく、脳と身体が喜び活性化する家です。

そのためには、エアコンの風をストレスと感じないことが絶対条件です。

このことは涼温な家に住まわれて、

エアコンの風を意識しない暮らしをしてみると「痛感」されるでしょう。

老化は、何かしらの痛みを伴いがちです。痛みには、冷えと風はつらいものです。

だからといって、こたつは使わないことです。

こたつで背中を丸める暮らしをしてはなりません。心身の老化が速まります。

トイレに立ったとき、布団や物につまずいて倒れ、骨折する人がたいへん多いのです。

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ