本当にキレイな空気は見えないものへの真摯な挑戦

本当にキレイな空気は見えないものへの真摯な挑戦

「ナイチンゲールがクリミア戦争の野戦病院に派遣された当初の傷病兵の死亡率は42%だった。そこで自然治癒力を発揮できる環境にするために、病室を清潔にし換気をする。ただ空気を入れ替えればいいというわけではない。その空気はどこから来るのか、近くのドブ臭のある空気なのか、本当にキレイな空気なのかを考えなければいけないと。そうして、3か月後には死亡率が5%に下がった。」

今現在では換気システムがありますが‥多くの人は換気メーカーの実情を知りません。

 ダクト内部は必ず汚れ、換気システムのほとんどは部屋の隅々まで新鮮空気が届いていないのです。


その原因は?

換気メーカーが建物と一体で換気を開発してこなかったことと、大手ハウスメーカー向けなので換気本体の機械が小さいことです。

「いい家」三部作の『さらに「いい家」を求めて』でも次のように書かれています。

さらに「いい家」を求めて
あなたは依頼先にこう問うべきである。
気持ちのいい空気を24時間保証してくれますか? 

これから建てる家は、長期優良住宅の認定を受け、
瑕疵担保保険の適応を受けるわけだから、 
特別に望まなくても省エネルギー性能に優れ
地震や風水害、突風などの自然災害に強く、長持ちするものになることは 間違いない。
しかしいつまでもきれいな空気を安心して吸える家であるとは限らない。なぜなら、
造り手のほとんどは換気に関心と責任を持とうとしていないからだ。

その本当の価値必要性を理解できず、法律に適合してさえいればいいではないかと考える。

ホルムアルデヒド、トルエン・キシレンなど有害物質の既発が安全基準以下なら問題ないと主張する。しかし、
だからといって住み心地が良くなり、健康増進に役立つとはならない。
住む人が、いつも空気が気持ちいいと感じるかどうか、それが問題なのだ。
さらに「いい家」を求めて より

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ