建物の「保湿性能」はお肌の環境つくり

加湿器はただやみくもに加湿し続ければ良いというものではなく

最適湿度を維持することが大切‥

最適湿度を維持するには湿度交換できる換気装置が必須になる。

ハードルの高い湿度50%の維持ですが、冬季湿度50%を維持しコントロールできる家

夏季・湿気を溜めない家  冬季・湿気を溜められる家

基本は建物の保湿性能です。高気密高断熱の家がじつは中気密だった、立ち直れません。

こうなってからでは遅い、あとから気付いても補修は不可能‥遅いのです。

建物の保湿性能を高めるには断熱の気密に手間をかけるしかありません。

建物の保湿性能を高めるには断熱の「気密」に手間をかけるしかありません

以下は大手のカタログ、断熱材の厚みだけに目を奪われることなく断熱材の「気密性能」をチェック!!

断熱材の「気密性能」をチェック

 

ウイルスは湿度50%で生存率が急速に低下します。

建物の気密と湿度も交換できる換気装置、湿度交換率は70%を超える。

ウイルスは湿度50%で生存率が急速に低下する

22℃の室温で湿度20%と湿度50%ではインフルエンザウイルスの生存率は驚くほど違う。

22℃の室温で湿度20%と湿度50%ではインフルエンザウイルスの生存率は驚くほど違う

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ