窓下のカビ・水廻り「壁裏」の結露

窓下のカビ・水廻り「壁裏」の結露

建物構造内部の空気は湖の水の流れと同じ 

流れるところと流れないところがある。

窓直下や梁直下の壁内は空気の流れが止まります…ですから

洗面室など水廻りに充填した綿状の断熱材は湿気を含む。

防湿工事をいくら念入りにやっても湿気は壁内に進入します。

窓下のカビ・水廻り「壁裏」の結露

侵入した湿気は居室同様に機械換気で強制的に排気すること。

涼温な家は構造内部の換気回数を0.3回/hを設定

下の写真は

断熱材を詰め込んだ北面が断熱材に沿って変色している

 外壁パネルを直接貼っているので下地が見えるが

普通は胴縁という板に外壁を貼るので 見えないだけ...

窓下のカビ・水廻り「壁裏」の結露

 

 

 

社長が語る家づくり重要ポイント|断熱と気密

ページトップへ