床下は大きな収納庫。密接に繋がる床下と室内

「お宅の、床下を覗いてみて下さい」とお願いしたら、

私の家の床下は、きっとカビだらけなのではないかと思います。

そう思うととても怖くなります。見る勇気がありません。

見てしまったら、生活に不安を感じてしまい、

夜も眠れなくなってしまうかもしれません。? 

 床下換気口や基礎パッキンは無用の長物 床下は大きな収納庫です。

 涼温換気は床下にもセンターダクトからの吹き出し口があり、冬は暖かい空気、夏は冷風が流れる。

工夫次第で大きな収納庫として利用できます。TIP構法の檜板で囲めば寝具も収納できる。

床下は大きな収納庫。密接に繋がる床下と室内

なぜ、床下に外気を入れると問題なのか? 一つは床下から入る湿気

床下から入る外気は湿気で考えると、とんでもない悪影響を及ぼします。

夏の気温29度、湿度75%の外気が25度の床下に入れば、

湿度は
95%以上になり結露発生寸前になる。

押入れのカビなどは、床下の湿気侵入によるものです。

床下の空気と室内の空気は密接につながっている、このことを忘れてはなりません。

湿気は水滴の10万分の一の大きさでしかなく、少しの隙間など簡単にすり抜ける。

もう一つは地表面の外気

地表60センチ付近の外気は高湿度・細菌・カビの胞子が漂い、最も汚れている

床下換気口近くの空気の臭いを嗅いでみると、部屋には入れたくない空気だと分かります。

床下換気口からは湿気・花粉・黄砂・PM2.5、除草剤散布の外気も入る。

床下は大きな収納庫。密接に繋がる床下と室内

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

社長が語る家づくり重要ポイント|構造のこと

ページトップへ