換気のアフターメンテナンス

 

換気のアフターメンテナンス

暮らしを変える空気質

「涼温な家」と似てますが

大きな違いは 空気のキレイさ

暮らしを変える空気質は 本当にキレイな空気なのか‥?

悲しいかな「換気」を比較したことがなければ分かりません。

換気メンテナンスの経験がなければ理解できません。

健やかな空気が吹き出すハズの空気は間違いなく汚れます。

その汚れに気付くには、住んでから
数年かかり‥

フィルター清掃の容易性の大事さに気付くのに更に数年かかる。

空気の吹き出し口(給気口)は清潔でなければなりません。

健やかな空気質=換気フィルター=フィルター清掃の容易性

アフターメンテナンスされない換気装置 

以下「涼温な家」より抜粋

国は、換気装置の設置を義務付けたにも拘わらず

アフターメンテナンスの責任は問うておりません。

これは大変な片手落ちです。

2003年以後に家を建てられた方で、その後一度もメンテナンスを受けていないとしたら、

換気装置の内部の汚れ具合は、ぞっとするような光景になっているはずです。

マスコミは、PM 2.5の健康被害を取り上げるのであれば、

同じようにアフターメンテナンスされない機械換気の問題を取り上げるべきです。

天井付の換気装置である場合、高齢者にとってフィルターの掃除や交換はほぼ不可能です。

在宅医療・介護を目指すならば、省エネの前にまず、空気を問題にすべきです。

機械換気の取付けを義務付けたのは国なのですから、そのアフターメンテナンスに対しても

国が監督・指導の責任を負うのは当然です。

 

ポイ捨てできる涼温換気の祖塵袋フィルター(ソフトキャップ)は2週間で汚れる。ポイ捨てできる涼温換気の祖塵袋フィルター(ソフトキャップ)は2週間で汚れる

この汚れを人の肺で浄化しないように。

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ