高齢者の病気が良くならないのは家にあり

医療と家の関係は?

高齢者の医療について NHK「心の時代」より

薬と「住まい方」両方合わせて治療しないと完治しない病気がある。

高齢者の病気が良くならないのは「家」にあり

暮らし方を変えないと治療できません。

親世代は頑固者というよりも、

「寒さ暑さを問わない自然共生の家」に育ったため、

今の高気密省エネ住宅を知らない。

高齢者の負担となる家の怖さを知らないでいます。

厚手のカーテンを付けただけでも急激に良くなる場合がある。

以上

高齢者は温度差の危険に気付いていない‥あっという間に亡くなってしまいます。

家の危険に気づいていないのです。

高血圧症だった叔母が二人とも同じように亡くなっているので、

家の怖さ、温度差の危険と血圧の病気は身に沁みる。

高血圧症の患者は未治療の人を含めると3000万人といわれ

温度差が原因のヒートショック死亡者数は交通事故の3~4倍。

しかも、その数は年々増えつつあります。

室内空気汚染物質

ダニの死骸やカビの胞子、微生物、チリ埃、繊維のくず。

さらにシックハウス症候群の原因となる有害なVOC(発性化学物質)も

他に消臭剤、防虫剤、難燃剤、接着剤、可塑剤、防腐剤、

数え上げたらキリがありません。

汚染物質をため込む現代生活です。 

 【関連記事】

●おばぁちゃんの体調がグングン良くなる。こちら参照

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ