ハイレベルな住み心地(amenity)は空気をデザイン

居室の臭いと換気システム

これからの高齢社会で在宅介護でクローズアップされるのは居室の臭い

在宅介護になると、まず気になる臭い。生活の変化に対応できる換気システム、

気流を感じずに大容量・大風量の換気が必須になる。

住み心地に重要な空気のデザイン

空気をデザインする。

ブリ―ズとはそよ風、気持ちのいい風、ハイレベルな住み心地

この上ない住み心地(amenity)は空気のデザインを提案する。

ある時は窓を開けて気持ちのいい風を入れる

入ってくる気持ちのいい風は秒速15m?20mくらい

窓と天窓を組み合わせるのも一つの方法。

*天窓を上手に提案すると今までに味わえない風が味えます。

但し、高気密高断熱の家であることが条件。

ドレ−キップ窓と天窓を上手に組み合わせる

竜ヶ崎事務所の小屋裏に天窓3台設置してるが真夏の熱ごもりに抜群の効果あり。

雨対策として水滴や夜露にでもセンサーが感知し閉まるようになっている。

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ