何が本当かわからない‥住宅営業のウソが見抜けず

いろいろな住宅会社の話を聞いているうちに何がなんだか、

何が本当なのか分からなくなって。という人は多い

まずは以下の❿項目を知ることでしょうね。

❶、本格的な換気システムと簡易型換気の違い。本格的換気の普及はイギリス10%、ドイツ30%

❷、断熱方法、外断熱は構造内部の結露を防止する確実な方法でもある。

➌、エアコン一台による全館空調と全室個別エアコン。各部屋にあるエアコンのメンテナンスは?

エアコンがタバコ以上に害のある空気を吹き出すようになったら、怖いですね

❹、シロアリ対策に薬剤を使用するか、薬剤を使用しない物理防蟻にするか

❺、断熱材の高気密を追求せず、中気密で良しとする。弊社では徹底して高気密にする。

❻、外断熱工法でも気密性能を簡易的な施工にするか否か。

❼、建物の最重要部である防湿層を知る。屋根下地の上部に断熱層を造れば屋根裏の結露を防止できる。

充填断熱は単独で使用すべきではありません、北面の壁内が必ず蒸れます。
壁内結露防止には必ず外断熱と併用すること!

❽、従来の基礎では水浸みを抑えられません。基礎は水浸みのない防湿基礎にこだわる

水しみのない、強固な基礎一体打ち工法があることを知ってください。

これまでの基礎は基礎2回打ちと言い、下のイラストように緑色の基礎底盤と青色の立ち上がり部は

鉄筋とくっ付いているだけで、コンクリートはくっ付いていない、剥がれているのです。

そのために水染みがあり、横からの力に弱い!

●基礎ESB工法ってどんな工法

❾、充填断熱の熱橋(ヒートブリッジ) 木は断熱材ではありません

柱・梁から逃げる熱損失は20%とも試算される。

高気密高断熱の家が中気密だった‥残念で残念で

❿、構造内部の結露湿気排出を以前のように自然通気に任せる‥

  ●自然通気で穏やかな空気循環は成功しなかった。

いま建物は越境汚染や排ガス‥SPMを含む大気汚染から家族の健康を守るシェルター化こそ重要。

●中国の大気汚染じわり

越境汚染の話を中国でするのはタブー、大ブーイングだそうです。

汚染の元は日本の外にあるので対策は難しい、個人の努力が必要な時期に来ています。

●外断熱を伝える朝日新聞「天声人語」

窓のように見える結露よりも、壁の内側の見えない結露の方が
問題が大きいのだそうだ。そうした結露を防ぐ方法として、外断熱という耳慣れないことばを聞いた。

 ●これまでの家造りを謙虚に反省し、正直に徹する。

断熱気密と換気、住宅のシェルター化こそ最重要

外断熱材の隙間をなくし高気密にするのは省エネと結露防止のため。

年間を通して湿度70%にコントロールできれば『居室も構造内部もカビ』の増殖を防止できる。

「前真之著、エコハウスのウソ」では

高気密の技術には、人の願いを叶えるための「暖かい知恵」が込められている。

住宅営業は住宅性能よりも人間関係重視です。

そのため正直そうな営業マンの無知を見抜くことができなくなってしまう。

あってはならないゴマカシは構造内部の結露とシロアリ

10,000棟の実績があるがシロアリの被害はただの一棟だけです。とは

OMシロアリ裁判での工務店の言い分、しかしその後の調査でたくさんのシロアリ被害例がでてきた。

大手ハウスメーカー「S」ハウスは一棟も内部結露が出ていません…といいつつ

屋根裏の結露やその他もろもろで裁判。

結露は発生しません、あれほどハッキリ言ったのに!

家屋は換気が最重要課題、「体調不良は化学物質過敏症を疑え…」えっわたしも!?

北里病院研究所の医師は25年前から今日あること書き

シックハウス症候群・化学物質過敏症の危険を訴え続けてきた。

人体の化学物質の汚染問題は、一つ一つの化学物質の規制も重要ですが、

化学物質の総量が問題となるのです。どれか一定の物質だけが特に悪いというような、

昔の公害的な時期はすでに過ぎてしまっています。行政の一つ一つの基準値は勿論大事ですが、

それと同時に、個人で化学物質の摂取量の総量を減らす努力が必要な時期に来ています。

以上

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ