何が本当かわからない‥住宅営業のウソが見抜けず

いろいろな住宅会社の話を聞いているうちに何がなんだか、

何が本当なのか分からなくなって。というお客様は多い。

性能重視もわかるけど、外観デザインや材料のこだわり、価格もあるしね…!

性能重視‥?いいのはわかる。けれど…となる。 

住宅性能について語る営業マンのウソや「ごまかし」を見抜くのは難しい。

いま建物は断熱気密と換気住宅のシェルターこそ最重要なのですが。でも価格がね~となる。

価格を下げるには、以下の8項目を考慮しなければ大巾に下がります。

❶、センターダクト方式換気をやめて一般的な換気メーカーの機械換気にする。

❷、冷暖房をエアコン一台による全館空調をやめて、全室個別エアコンにする。

❸、シロアリ対策に薬剤を使用する。または価格の安い物理防蟻工法にする。

❹、断熱材の高気密性能を追求せず、一般的な中気密断熱にする。

❺、同じ外断熱でも断熱の気密方法を変える、断熱材も変えてみる。

❻、建物の防湿層(べーパーバリア)に完璧さを求めず、中途半端で良しとする。

❼、建物の熱橋(ヒートブリッジ)を考えず充填断熱にする。木は断熱材ではありません。

❽、構造内部の結露湿気排出を以前のように自然通気に任せる‥構造材の乾燥を考えない。
  ★構造材が乾燥状態を維持できれば建物の耐久性が増し、資産価値が増す。

以上の項目を一般的な仕様にすれば価格は大幅に下がります。

センターダクト換気方式をやめるだけでも200万下がり、

高気密性能と高断熱を追求せず、中気密で良ければさらに100~200万円は落ちる

断熱気密と換気、住宅のシェルター化こそ最重要

断熱の隙間をなくすのは省エネと結露とカビ防止のため

居室の換気と構造内部の換気=通気のため、温度湿度を簡単にコントロールするため。

年間通して湿度を70%以下にコントロールできれば構造内部のカビの増殖を防止できます。

冬場50%~60%の湿度は無垢材の収縮、変形を防ぐことができます。

上質な生み心地はホテルライクな暮らしは高気密という技術を絶対条件としているのです。

高気密の技術には、人の願いを叶えるための「暖かい知恵」が込められているとは

「前真之著、エコハウスのウソ」より抜粋

日本の住宅営業は感じがいい・優しい・フォローがいい・といった信頼関係が建物性能より勝る。

住宅営業は住宅性能よりも人間関係重視です。

そのため正直そうな営業マンの無知やゴマカシを見抜くことができなくなってしまう。

最も悪質なウソは結露と白蟻問題

10,000棟の実績があるがシロアリの被害はただの一棟だけです。とは

OMシロアリ裁判での工務店の言い分、

しかしその後の調査でたくさんのシロアリ被害例がでてきた。

大手ハウスメーカー「S」ハウスは一棟も内部結露が出ていません…といいつつも

内部結露やその他で裁判中。内部結露とは以下のような写真

「結露は発生しません」、あれほどハッキリ言ったのに、築5年で屋根がブカブカ。

住宅営業のウソは容認される‥受注してこその住宅営業ですから。

建物は売れれば良しとする原始的欲望を抑えてください。とは北里病院の医師

家屋は換気が最重要課題です「体調不良は化学物質過敏症を疑え…」

えっわたしも!?

北里病院研究所の医師は25年前から今日あること書き化学物質過敏症の危険を訴え続けてきた。

「人体の化学物質の汚染問題は、一つ一つの化学物質の規制も重要ですが、

化学物質の総量が問題となるのです。

どれか一定の物質だけが特に悪いというような、昔の公害的な時期はすでに過ぎてしまっています

行政の一つ一つの基準値は勿論大事ですが、

それと同時に、複合した化学物質の相乗作用に対する知識を持ち、

個人で化学物質の摂取量の総量を減らす努力が必要な時期に来ています。以上

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ