ペットと暮らす家

以前は

「子供と暮らす、子供に優しい家」

をコンセプトとしているハウスメーカーが多かったかと思いますが、

近年ペットを飼うご家庭が増え

「ペットは家族の一員」

と家の中で大事に買う傾向にあります。

「ペットと暮らす、ペットにも飼い主にも優しい家」それはどんな家?

ネットで【ペットと暮らす家】を検索してみるといろいろと出てきます。

ストレスフリーで快適な間取り。清潔な環境。ニオイ対策。そして夏や冬の快適な過ごし方・・・

 

ペットたちが暮らす環境は、人間のヒザより下。床上50cmくらいの空気環境が良質になるように、充分な配慮が必要―

『涼温な家』の換気システムは、4つのフィルターを通ったキレイな空気が給気されるので、アレルゲンやホコリなどが少なく、またしっかり換気されているのでペットのニオイ等も気になりません。

なので、他のハウスメーカーがお勧めしているような空気清浄機や消臭剤等は必要ありません。(ニオイ対策として挙げられている、定期的なシャンプーや耳や目・口まわりのお手入れ、トイレの処理等はこまめに実行されることをお勧めします。)

 

静かで室温23℃温度50%が理想環境のペットたち―

『涼温な家』は、センターダクト換気と1台のダクト用エアコンで家中が静かで快適な温度に保たれます。さらに高気密・高断熱で保温効果も抜群なので、1日中エアコンを稼働しなくても、季節に合わせてタイマーなどを活用すれば、快適なのにお財布にも優しい生活が実現できるのです。

 

社長からのワンポイント

高気密高断熱の家とそうでない家は臭いが違います。高気密の家は臭いが籠りますよ‥

その違いは生活しないと分かりませんね…

ペットの臭いが気になるからといって

芳香剤や消臭剤はだめですよ‥消臭剤は化学物質の塊り「毒の霧」

自宅で消臭スプレーを服にかけ、その後知人と対面した際に、その知人が化学物質に敏感だった為に、対面直後に意識を無くして倒れてしまったという話もあります。

窓を閉め切っても臭いが気にならない「臭い解消」となれば、空気の入れ替え「機械換気」ですが

現状ではどこの換気メーカーもペットの臭いを解消できる換気風量は難しい‥

なぜか?

換気メーカーは建物と一体で換気装置を開発できないし、してこなかった。

ですから、曲がるダクトの問題がいまだに解決できないでいる、

曲がるダクトの意味お分かりでしょうか? 

しかも、建物の気密を疎かにしては穴の空いたストローで「換気装置」は機能しません

換気装置は建物と一体で考えないとただ回っているだけの換気、十分な風量が確保できません

その肝心要の気密性能は平成21年の改正省エネ法で隙間基準が削除された。

その理由はこちら参照  

改正後、長期優良住宅でも隙間が問われなくなったので、いい加減な気密性能(C値)

適当な数値を提示してもおとがめがない。

 

外断熱・涼温換気 SA-SHEの家

体感ハウスで住みここちを確かめたい方

ただいま建築中の様子

社長ブログ

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントの案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な住いの情報をお送り致します。

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

 

主婦の語る豆知識ライブラリー|主婦が語る簡単「家」知識

ページトップへ