ハウスダストアレルギー対策は掃除と換気

アレルギー患者の多くなった理由について

図書館のヘビーユーザーである箕浦さんが見つけた面白い本

「丁先生、漢方って、おもしろいです。」

「すぐに公害などの「空気の汚染」に直線的に結び付ける人がいますが、

それよりも空気が一番汚染されているのは実は室内です。

化学物質によるシックハウスとかいうことよりも

昔より今のほうが単純に室内に汚染物質が多いんです。

意外なことにダニやカビが、昔よりずっと多い

子供のハウスダストアレルギーをもつ母親は苦労しているようですね

ネットに以下のような記事が

息子にダニ(ハウスダスト)アレルギーがあるとわかったときに

アレルギー科の先生からお掃除と環境整備について詳しく指導があったのですが、

そのときにこう聞かれました。

「お掃除(掃除機がけ)は何日に一回してますか?」

掃除を毎日かけるのは無理ですか?これからは毎日かけてください。

しばらくはなんとか頑張って続けられていたのですが、

あるとき、心身ともに心底疲れきっている自分に気づきました。

そして、思ったこと・・・「これは続けるの無理だ・・・」

アレルギーの原因になるダニの死骸や糞は目に見えず長時間浮遊する。

8~9時間も浮遊する微小粉塵のハウスダストは掃除だけでは防げません。

目に見えない微小微粒粉塵を吸引し排気する「換気」が最重要なのです。

 ところが現状の「換気」のほとんどは測定できないほど微々たる風量

その原因は換気メーカーの換気本体が小さいのと

天井裏・小屋裏など狭い空間のダクト工事「ダクティング」の施工不良

換気システムが義務化になっても「換気風量測定」が義務化できない理由…

どうしてだと思いますか?

涼温(PAC)をONすると5倍~6倍アップする風量、この風量は魅力ですよ。

ハウスダストアレルギー対策は掃除と換気

 レーザーによる可視化

ハウスダストアレルギー対策は掃除と換気

 PACをONすると勢い良く吹き上がるペーパー、それでいて不思議に気流が感じない

 ハウスダストアレルギー対策は掃除と換気

 

LINE@始めました♪ 

見学会やイベントのご案内、家づくりのお役立ち情報などをお届けします

「涼温な家」にお住いのお客様には春夏秋冬のエアコン操作や節電方法

様々な住いの情報をお送り致します。

お友だち登録はこちらから↓

 友だち追加 

LINEからご質問・お申し込みもOK♪( ´▽`)

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪                    

facebookはコチラへ

Twitterはコチラへ

Instagramはコチラへ

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ