断熱強化の結露トラブルが増えつつある

付加断熱の施工中に大量結露

高断熱住宅が増える一方で、設計・施工ミスによる結露トラブルが増えつつある。

日経ホームビルダー2015年 3月号

付加断熱の施工ミスとは言いきれません。施工ミスではありません

2014年「省エネ技術研修」を受講した設計と現場監督は、

防湿気密シートの気密施工は「どこもやっていない、やれない、非現実な施工マニアルだ。

では、あの分厚い資料はなんだったのだろうか? 

外断熱で正しい気密処理をすれば、簡単に『内部結露』が防げるというのに‥

素直に外断熱にすれば良いのに‥充填断熱は単独で用いるものではありません

透湿防水シートは「透湿しない」場合もある。シートに防湿層を託す危険

断熱強化の結露トラブルが増えつつある

外断熱の気密施工をきちんと施工すれば、あとから充填断熱材をギューギューに詰め込んでも大丈夫。

内部結露と腐食を防げます。充填断熱材は単独で用いるものではありません

外断熱の気密をシッカリ施工すれば‥ココ重要。

関連記事

●家の耐久年数…? 屋根の悲鳴

檜の斜め板張りは耐震性能を高め、構造内部の『結露』を防ぎ、家の耐久性を高める。

 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

      

 

社長が語る家づくり重要ポイント|【社長が語る】家づくり重要ポイント

ページトップへ