空気清浄機も換気システムも室内空気汚染の元に…

空気清浄機に頼ってはいけない。仁科剛平著

空気清浄機に頼ってはいけない

一般の空気清浄機は置いてある付近の空気しか浄化することができません。

換気のように広範囲で空気の浄化ができず、部屋全体の汚染物質を捕まえることは不可能です。

空気清浄機をつけているからといって換気をしないのは室内の空気汚染の元になってしまいます。

以上

 空気清浄機が室内空気汚染の元に…?ところが換気システムのフィルターも放置」される

フィルター清掃が億劫で厄介で、空気清浄機も換気システムも空気汚染の元になる。

窓を開けない暮らしが普通になっている今『換気フィルター清掃の容易性』をもっと深刻に考えるべきで

換気フィルタ―は腰高の位置になかったら清掃が長続きしません。

換気フィルターを一年間放置すると?写真のような黒い埃の層となる。

空気清浄機に頼ってはいけない。以下 仁科剛平著より

最近は一般の家庭でも空気清浄機を見かけることが多くなりました。

空気に対する意識の高まりの表れともか言えますが、過信するのは禁物です。

空気清浄機は、除去できる物質を確認して購入しましょう。

粒子状物質を吸着分解できる機種は病院などで使われる業務用が多く、

数が限られています。

また、粒子状物質・化学物質ともに、除去機能をうたっていても消去することができるものは少なく

吸着し捕まえておく機能のものが多いので、フィルターの清掃が必要です。

(除去と消去は違います) 一酸化炭素に関しては、いかなる機種も除去できません。

空気清浄機のフィルターも空調機と同じくまめに掃除をすることが必要です。

掃除をこまめにしないとフィルターが吸着した物質が最飛散してしまいます。

エアコンのフィルターのほこりは掃除機で吸い取るか。水洗いをします。
冷房や暖房のシーズンが終わったら、4時間送風運転して内部を乾燥させることが大事です。

水分を少しでも除去し、カビの発生を抑えましょう。空気清浄機も同様です。

一般の空気清浄機は置いてある付近の空気しか浄化することができません。
換気のように広範囲で空気の浄化ができず、部屋全体の汚染物質を捕まえることは不可能です。

空気清浄機をつけているからといって、換気をしないのは室内の空気汚染の元になってしまいます。

なかには、マイナスイオンの発生を特徴にしている機種がありますが、

イオンにさらされることで人体によい影響はないとの意見も数多くあります。

イオン結合により有害なオゾンが発生することもあり、未知な化学反応もあるという報告もあります。

たばこの排気脱臭装置の効能についても煙は消えますが、

ガス状の汚染物質は除去していないものが多いようです。

たばこ部屋のように密封された空間であれば、ひどい空気と臭いが滞留しているはずです。
これは化学物質などが残留している証拠です。

酸素付加(活性酸素)については、酸素を増やしたからといって、
空気環境が快適になるわけではありません。

私たちができる室内空気の浄化は、汚染物質を取り除くことだけです。以上

●伝えることの難しさ体感ハウスの箕浦さんが訴えています。こちらクリック

 

社長が語る家づくり重要ポイント|きれいな空気と換気

ページトップへ