家づくりは見えないところに目を向ける

家づくりにおける本当の価値とは?

最近はテレビで大手ハウスメーカーのCMが流れるたびに、『どんな情報が伝わってくるのか』という事に着目して見るんですが・・

結果、家に関する情報は特に何もないという印象。

ほとんどのCMは、それを見た後に心がほっこりするような温かくなるような、そんな効果を狙っているみたいです。

例えば家族の絆をテーマに、情感あふれるBGMを使って、「あぁ、家族っていいな」と憧れのマイホームへのイメージが沸くような感じ\(~o~)/

家づくりにおける本当の価値

人間の心理を突く巧みな作戦だと思います(^_^;)

これが仮に、基礎の工程や壁内構造のこと、シロアリ対策なんかをテーマにCMにしたら、見た人が顔をしかめてしまうでしょう・・(特にシロアリが映ったCMは悲惨そう(+_+))

でも!良い気分になれないからといって、見たくないものは見ないままにしておくと、建ててしまった後で後悔することになります。

先日の記事にもありましたが、後で痛い目をみるのは空気環境のことばかりです。

 

※社長コメント

家づくりは見えないところに「現場の良心」善意・邪心・悪意が隠されている

床下のカビ・壁内の結露・屋根裏の結露・シロアリ薬剤のアレルギー・室内の空気質

 

 
 

 

「イベント予告」ページはコチラへ

「ただいま建築中」ページはコチラヘ

「住み心地証言集」ページはコチラへ

 

更新中の公式SNSもよろしくお願い致します♪         

         

 

主婦の語る豆知識ライブラリー|健康のこと

ページトップへ